あさかエフエム・すまいるエフエム

試験電波・開局日・本放送受信モニター

埼玉県朝霞市のコミュニティ放送局 76.7MHz

最終更新日:2007.04.30 UP


 試験電波、開局日、本放送の状況をモニターした。ワッチ頻度はそれほど多くないが、気付いた範囲内で報告する。
 全て2007年の受信。

●試験電波

▽4月12日 0030〜0200受信。

 試験電波を初受信。60〜70年代の古い洋楽が流れており、0031, 0037, 0042など約6分おきにIDが「JOZZ3BK-FM、JOZZ3BK-FM。こちらはあさかエフエムです。送信周波数76.7メガヘルツ、送信出力1ワットで、ただいま試験電波を発射しています。JOZZ3BK-FM。あさかエフエムです。」と出ていた。
 インターネット上では3月中旬から受信の報告があったが、送信時間や送信設備の調整の関係からか、私はこの日初めて受信した。

▽4月14日〜

 ほぼ同内容。24時間出ているようだ。

●サービス放送

▽4月26日

 0505〜0514の受信では今まで通りの試験電波。

 この日の未明にメールで開局前のサービス放送について問い合わせたところ、この日、本免許が交付され、1818に届いたメールには「本日17:00に、無事に免許が出まして、ただ今サービス放送を開始しました。サービス放送中ですので、番組内容などは通常放送と異なりますので、ご了承ください。この後19:00まで「おかえりすまいる」という情報番組を生放送で流します。明日も生放送を中心に(断続的ですが)朝7:00よりサービス放送を流しまして、28・29日は開局特別編成番組を放送し、来週月曜日より通常放送を開始いたします。」と書かれていた。恐らくこの日の1700からサービス放送が始まったものと思われる。

▽4月27日 0355〜0615, 0655〜1156, 1258〜1811, 2255〜2301, 2328〜翌日0223受信。

 帰宅後、メールの内容を見て早速チェックしたところ、Non-stopのBGM音楽が流れていたが、IDが全く出ておらず、前日未明とは明らかに様子が異なっていた。

 そして、0459にはすまいるエフエムへのFAX宛先のお知らせスポット、時刻スポットが出た。0500〜はNon-stopの洋楽で、0559, 0659にすまいる町内会会員募集スポット、FAX宛先スポット、時刻スポットが出た。

 その後、0700〜0859は朝ワイド番組の「おはようすまいる」となり、番組中でサービス放送である旨を言っていた。

 日中は録音モニターで、その後、0900〜Non-stopの邦楽、1000〜「遊友ユートピア」、1130〜Non-stopの洋楽、1258(途中から録音)〜「清水貴行のランチパラダイス」、1400〜「GoGo Happy Cafe」、1600〜Non-stopの邦楽、1700〜「おかえりすまいる」(〜1811まで録音)となっていた。
 2255(途中から受信)〜はNon-stopの邦楽、翌日0100〜Non-stopのBGM音楽。
 毎時59分にはすまいる町内会会員募集スポット、FAX宛先スポット、時刻スポットが出ていた。

 日中の放送は同局HPの番組表にあるレギュラー放送にほぼ近い内容だったが、一部のコーナーがサービス放送のためにという断りで別のコーナーに差し替えられていたり、夜間の番組はNon-stopの音楽に差し替えられていたようだった。

●開局日

▽4月28日 0655〜1901, 1957〜翌日0105受信。

 0700まではNon-stopの洋楽、0700〜はNon-stopの邦楽。毎時59分にはすまいる町内会会員募集スポット、FAX宛先スポット、時刻スポットの他、CMも既に流れていた。私は0659に初めてCMを聞いた(柏木タイヤ、ちから建設)。

 1000〜は無音。

 1159にBGM音楽、すまいる町内会会員募集スポット、時刻スポット。

 そして、1200に開局、1200〜1459は「開局記念特別番組」となった。社長の第一声で始まり、DJの美和さなえさんと共にすまいるエフエムの今日までとこれからを話したり、リスナーからのメッセージ紹介(メールとFAXで募集)、朝霞市長・志木市長の挨拶、番組紹介、ライブ演奏などだった。余談だが、私のFAXも読んで頂き、リクエスト曲もかけて頂いた(Pizzicato Fiveの"Happy Sad")。

 この日と4月29日は開局特番のため特別編成で、レギュラー放送は4月30日からとのこと。

=4月28日 1200の開局第一声(「開局記念特別番組」の冒頭部分)=

柏木恭一社長
「みなさーん、聞いてますかー。すまいるエフエム、本日開局です。ラジオの前でみんなガッツポーズよろしくお願いします。代表の柏木です。いよいよ開局しました。今日午前中、無音だったので、非常に心配の声も頂きましたが、敢えて音を出していませんでした。12時スタートしました。」
美和さなえさん
「それでは記念すべき第1曲目、柏木さんご紹介お願いします。」
柏木社長
「はい、実は25日にですね、折り込ませて頂いた「サン」というフリーペーパーがあって、第2号から「すまいる町内会」という名前で出るんですが、ここの下にですね、Here Comes The Sunということで、この街に太陽、明るさを持って来たいなという意味を込めて、Beatlesの"Here Comes The Sun"をお願いします。どうぞ。」

 その後、1500〜はNon-stopの邦楽、2000〜はNon-stopの洋楽で、2300まではレギュラー番組は無かったが、2300〜2359の「ワンレン ボディコン」だけは放送されていた。この番組は埼玉県さいたま市浦和区のREDS WAVEでも放送されるとのこと。

 翌日0000〜はNon-stopの洋楽。

 一日中、毎時59分にはCM、すまいる町内会会員募集スポット、FAX宛先スポット、番組宣伝スポット、時刻スポットが出ていた。

 なお、この日の1200直前、同局のHPにインターネットラジオが設置されているのに気付いた(1000頃はまだ無かった)。内容はFM放送と同内容で、音楽もそのまま流れていた。

●開局日翌日

▽4月29日 1210〜1235, 1320〜1901, 2000〜翌日0055受信。

 すっかり寝坊してしまい、1210からの受信になったが、既に開局特別番組が始まっていた。担当DJが歌手の人らしく、音楽関係のトークが中心の内容だった。番組中の話によると、この開局特別番組は1200〜1500の放送とのこと。午前中の状況は不明。

 その後、1500〜はNon-stopの邦楽、2000〜はNon-stopの洋楽で、番組は放送されていなかったようだ。毎時59分はCM、すまいる町内会会員募集スポット、FAX宛先スポット、番組宣伝スポット、時刻スポット。

●レギュラー放送初日

▽4月30日 0655〜1005受信。

 古い歌謡曲、0659にCM、すまいる町内会会員募集スポット、時刻スポットの後、0700〜0859は朝ワイド番組の「おはようすまいる」になった。0900〜は「朝霞市、志木市、新座市、和光市の各行政情報をお送りしていく番組」。

 その後はチェックしていないので、詳細は不明。

●局名

 私が聞いていた限りでは、4月27日(気付き)のサービス放送以降は愛称の「すまいるエフエム」としか言っておらず、呼出名称の「あさかエフエム」は全く言っていない。

●受信状態

 S-3くらい。同周波数では群馬県太田市のFM TAROも受信出来るが、アンテナを北北東から北側に向けると太田、南側に向けると朝霞が入ってくる。電波が弱すぎるためか、チューナーのST-SA50ESを使ってもステレオでは受信出来ない。ST-SA50ESでステレオ受信出来ない局は珍しい。

●関連リンク

すまいるエフエム
http://fm767.net/
総務省関東総合通信局 埼玉県朝霞市のコミュニティ放送局に予備免許を交付 平成18年10月31日
http://www.kanto-bt.go.jp/if/press/p18/p1810/p181031.html
総務省関東総合通信局 埼玉県朝霞市のコミュニティ放送局に免許 平成19年4月26日
http://www.kanto-bt.go.jp/if/press/p19/p1904/p190426.html


All received and reported by "Konsu"
in Tokyo, JAPAN
with
RX : ICOM IC-R7000, AR5000A+3, SONY ST-SA50ES ( For Japan )
ANT : CREATE CLP5130-1
Booster : Nippon Antenna VTR-331-SP ( For ST-SA50ES )

情報を転載・引用する際には「WEST TOKYO TV-FM DX」の"こんす"の情報である旨を明記して下さい。


<Special Reports Menu


<TOP