私のキャプチャーカード紹介 2009

初版 2009.03.20 UP
更新版 2009.08.13 UP

受信画像削除 2015.06.03 UP
一部画像削除 2016.04.11 UP


初めに

 「私のキャプチャーカード紹介」(2006.08.22 UP。2008.04.06 追記 UP)でキャプチャーカードを紹介しましたが、キャプチャーカードを取り付けていたサブPCの変更により、キャプチャーカードも変えましたので、2009年3月現在使用しているキャプチャーカードを紹介します。

 2009年2月に購入した新しいサブのデスクトップPC(CPU:Intel Core 2 Duo Processor E8400 3GHz、メモリ:4GB(2GBx2)(PC認識:3.326GB)、OS:Windows XP Professional SP3)に玄人志向 KRTV-7131/Lとアースソフト PV4を取り付け、主に海外TVのキャプチャーにKRTV-7131/L、国内TVのキャプチャーにPV4を使用しています。キャプチャーカードの2枚刺しで、私のPC環境では特に問題は起きていませんが、PV4の仕様により同時使用は出来ません。

 過去に使用していたキャプチャーカードは「私のキャプチャーカード紹介」をご覧下さい。

玄人志向 KRTV-7131/L

 2009年2月〜現在まで、海外TVのキャプチャー用に使用しているキャプチャーカードです。
 テレビチューナー内蔵キャプチャーカード。ソフトウェアエンコード。2009年2月に新品を購入。購入価格3906円(税別)。玄人志向HPの商品紹介ページ

 本体の画像はクリックすると、大きなサイズの画像が別ウィンドゥで開きます。


本体上面

本体側面

付属キャプチャーソフトのHyperMediaCenter
(50%縮小。クリックでオリジナル画像)

HyperMediaCenterのチャンネル設定画面。


フリーのキャプチャーソフトのふぬああ。
東京のTV、中国のTV、韓国のTV、外部入力切り替えを設定済み。

 ビデオデコーダにNXP(Philips)のSAA7131E(SAA7131Eのpdfファイル)、内蔵テレビチューナーにNXP(Philips)のシリコンチューナー TDA8275A(TDA8275Aのpdfファイル)を使用し、カラー方式はNTSC、PAL、SECAM(ワールドワイドビデオデッキ SAMSUNG SV-9000Wから各カラー方式を出力させて確認済み)、内蔵チューナーはほぼ全世界のアナログTV放送方式、TV音声デコーダは全世界のアナログTVのステレオ・音声多重放送方式に対応。

 付属のキャプチャーソフトはHyperMediaCenter。MPEG1、MPEG2、MPEG4の動画キャプチャー、静止画キャプチャーが可能。内蔵チューナーの設定は1つの国を選択して設定するため、異なる国・放送方式の同時設定は出来ませんですが、あとで国を変更することは出来ます。しかし、オートスキャンでしかチャンネル設定が出来ないので、TV-DXには大変不向きです。カラー方式は入力されたカラー方式に自動的に切り替えられます。

 有名なフリーのキャプチャーソフトのふぬああも使用でき、AVIの動画キャプチャー、静止画キャプチャーが可能。ふぬああの内蔵チューナーの設定は1つの国など様々な設定ごとに記憶することができ、プルダウンメニューで記憶した設定をすぐに呼び出せるので、比較的便利です。私は当地で常時受信可能なTV局、中国のTVのLow ch、韓国のTVのLow ch、外部入力を設定してあり、各々の設定をすぐに呼びさせるようにしてあります。カラー方式は入力されたカラー方式に自動的に切り替えられます。私はふぬああを使いこなすほどの知識はないので、設定は各解説HPを参考にしました。ふぬああで国を選択する場合、国番号を入力するようになっていますが、これにはKDDI HPの国番号一覧のページが参考になります。主な国は、日本:81、中国:86、台湾:886、韓国:82、北朝鮮:850、ロシア:7、フィリピン:63、タイ:66となっています。ただし、全ての国に当てはまるかどうかは確認していないので、異なる国もあるかもしれません。

 内蔵チューナーでTVを受信するにはふぬああの方が断然使い勝手が良いです。

 しかし、外部入力から録画したビデオなどをPCに取り込む際は、ふぬああだと、私の設定が悪いせいかもしれませんが、静止画は若干タイムラグで遅くなってキャプチャーしにくく、動画もEスポで受信した海外TVのような不安定な映像はうまく録画出来ない時が多々あります。その点、HyperMediaCenterでは静止画のキャプチャーが遅れることはなく、動画も問題なく録画出来るので、外部入力からPCに取り込む時はHyperMediaCenterを使っています。

 国内のTV(NTSC)の外部入力のキャプチャーは、画質はアースソフト PV4の方が断然上ですが、KRTV-7131/LはPAL、SECAMにも対応しているので、海外のTVをPCにキャプチャーで取り込む時にはKRTV-7131/Lを使用しています。

 内蔵チューナーによる海外TV受信は、2009年のEスポシーズンにふぬああで試してみたところ、中国のC1, C2, C3chのTVがカラー受像出来ました。感度は海外向けテレビ JVC CX60ME(K)などと比べると若干悪いように感じました。電波が弱い所では映像はブルーバックがかかったように画面が真黒になりますが、音声は無音になることなく常時聞こえます。テレビチューナー内蔵キャプチャーカードによる海外TV受像はあくまでもお遊び的使用のように思います。

 現在は、主にマルチビデオに録画した海外TVをPCに静止画・動画として取り込む時に使っており、マルチシステムビデオデッキなどが繋がっているAVセレクター SONY SB-RX200Sからコンポジット接続でこのキャプチャーカードの外部入力に繋いでいます。マルチシステムビデオデッキなどは外部端子がコンポジット端子なので、接続はコンポジット接続です。外部入力からの取り込みにはソフトはHyperMediaCenterを使用。

 以前、海外TVのキャプチャー用に使用していた玄人志向 SAA7135-STVPCI/Rは、新しいサブPCとは相性が悪いらしく、取り付けて地元局を受信したところ、画面に緑色の変なノイズが出てしまい、使い物にならなかったので、新しいサブPCの購入と同時に2009年2月から海外TV用のキャプチャーカードも玄人志向 KRTV-7131/Lに変えました。

アースソフト PV4

 2009年2月〜現在まで、国内TVのキャプチャー用に使用しているキャプチャーカードです。
 外部入力のみのキャプチャーカード。テレビチューナーは無し。ソフトウェアエンコード。2009年2月に中古を入手。価格22500円。アースソフトHPの商品紹介ページ

 本体の画像はクリックすると、大きなサイズの画像が別ウィンドゥで開きます。


本体上面

本体側面

アースソフトHPからダウンロードしたキャプチャーソフト+有志によって製作された拡張ツール

 言わずと知れた(?)D4端子映像入力の高画質アナログキャプチャーボード。音声は角型光音声入力。

 キャプチャーソフトはアースソフトのHPからダウンロードしたキャプチャーソフトに、有志によって製作された拡張ツールを加えると、使い勝手が良くなります。画像サイズは様々なサイズに対応し、ハイビジョン放送だけでなく、アナログ放送の動画キャプチャー、静止画キャプチャーにも対応。動画は独自フォーマットのファイルになりますが、フリーソフトのAviUtlなどでAVIファイルに変換可能です。

 動画は地上デジタル放送やBSデジタル放送のダビング10信号をスルーしてしまい、HDD/BDレコーダーやデジタルチューナーなどからPV4の外部入力に繋ぐと、地上デジタル放送やBSデジタル放送が動画でキャプチャー出来てしまいます。Canopus MTV2000と違い、一度HDDレコーダーに録画したものもキャプチャー可能(MTV2000は一度HDDレコーダーに録画したものをキャプチャーしようとすると、1分15秒くらいでキャプチャーが自動停止)。キャプチャーした動画はコピー可能ですが、個人使用に留めて下さい。

 D端子入力なので、海外のPAL、SECAMに対応しているかどうかは確認していません。

 現在は、国内TV(NTSC)をHDD/BDレコーダー Panasonic DMR-BW900からPCに静止画・動画として取り込む時に使っています。映像はDMR-BW900のD3端子映像出力をD端子用AVセレクター SONY SB-RX300Dに繋ぎ、SB-RX300Dからハイビジョンテレビ Panasonic TH-28D55とPV4に分配、音声はDMR-BW900の角型光音声出力をPV4に繋いでいます。

 PV4はPCIスロットの帯域を大きく使うらしく、PV4で録画中に玄人志向 KRTV-7131/Lのキャプチャーソフトを立ち上げると、PV4のキャプチャーソフトはエラー表示が出て録画停止になります。PV4とKRTV-7131/Lの同時使用は出来ません。

 新しいサブPCの購入を機に、2009年2月から国内TV用のキャプチャーカードも以前のCanopus MTV2000からPV4に変えました。

キャプチャーカードの画像比較

 海外TVのキャプチャー用に使用している玄人志向 KRTV-7131/Lのキャプチャー画像を紹介します。国内TVのキャプチャー用に使用しているアースソフト PV4のキャプチャー画像は割愛します。

 2003年8月にEスポで受信したC1chの中国の徐州電視台新聞総合をワールドワイドビデオデッキ Samsung SV-9000Wで受信・録画し、同機で再生、玄人志向 KRTV-7131/Lでキャプチャーしたものです。画像はすべて50%縮小。画像をクリックすると、オリジナル画像が別ウィンドゥで開きます。


玄人志向 KRTV-7131/L
キャプチャーソフト:HyperMediaCenter
明るさはデフォルトの50に設定。

玄人志向 KRTV-7131/L
キャプチャーソフト:ふぬああ
明るさは99に設定。

 ふぬああの方が若干画質が良いです。文字の鮮明さでわかるかと思います。


All reported by "Konsu"
in Tokyo, JAPAN

当ホームページでは東京で受信した海外の地上波TV・FM局の受信画像や受信音声を掲載していますが、これらは異常伝搬による海外地上波TV・FM局受信の参考資料として掲載しているものであり、商用目的ではありません。何か問題がありましたら、TOPページのメールアドレス宛てにメールにてご連絡下さい。直ちに削除いたします。
This website places images and sounds of overseas TV stations and FM radio stations received in Tokyo, Japan. But they are placed as reference data and are not the commercial use. If they have a problem, please inform to e-mail address of the top page by e-mail. I delete them promptly.


関連ページ

私のキャプチャーカード紹介

TV DX Image -海外TV受像画面集-

My Shack


<Special Reports Menu


<TOP