TV-FM DX Report 2016.06 2016.07.06 UP


[受信情報]

◆グランドウェーブによる受信

■日本

●nottv1、nottv2…(214.714286MHz)
 6月30日, 1138〜1200, 映像・音声共。周波数は推定。事前の予告通り、この1200でNOTTVが放送を終了した。
 1138〜nottv1の「AKB48のあんた、誰? ファイナル!19時間SP」を見ていたが、NOTTVに加入していないため、1143でチャンネルのプレビュー視聴が終了してしまい、1144〜はnottv2の「みんなのウラ」(アプリの表示番組名:「みんなのウラをもう一度」)を見ていた。
 1149〜再度、nottv1が見れ、「AKB48のあんた、誰? ファイナル!19時間SP」の後、1150〜「nottvサービス終了のお知らせ」(アプリの表示番組名は「NOTTVのキセキ」)となった。アプリの番組表によると、「NOTTVのキセキ」は1150〜1200にnottv1、nottv2で放送される最後の番組になる。
 この番組の内容は、最初に本日6月30日正午でサービスが終了するの旨のお知らせが映像の文字と音声アナウンスで次のように出た。
 映像の文字「nottv サービス終了のお知らせ」「本日、6月30日正午をもってNOTTVサービスは終了致します。2012年4月、日本初のマルチメディア放送サービスとして産声をあげてから4年3か月、いつでもどこでもお楽しみいただける様々なコンテンツを提供して参りました。テレビ視聴の新しい形をご提案し、新しいメディアとして育んで参りましたが、サービスを終了することと致しました。NOTTVサービスを永らくご愛用いただき、最後までご覧いただいたお客様や、サービス提供にご協力いただいた関係者の皆様には大変感謝しております。社員一同、ここに謹んで御礼申し上げます。ありがとうございました。株式会社mmbi」「NOTTVに関する各種お問い合わせ(以下略)」
 音声アナウンス「ノッティービーサービス終了のお知らせです。本日、6月30日正午をもって(同上。「NOTTV」は「ノッティービー」と発音)ありがとうございました。ノッティービーに関する各種お問い合わせはノッティービーカスタマーセンターまでお問い合わせいただくか、ノッティービーオフィシャルサイトをご覧ください」(男性アナウンス)
 その後は動画で2012年の開局から1年ずつ歴史を振り返っていた。
 1155でチャンネルのプレビュー視聴が終了してしまったため、1155〜は同じ番組を放送していたnottv2で引き続き同番組を見た。
 引き続き動画で1年ずつ歴史を振り返っており、2016年の後は各番組の最終回が流れていた。
 最後にすべての放送を終了する旨の映像の文字と音声アナウンスが次のように出た。
 映像の文字「nottv これをもちましてNOTTVの放送をすべて終了させていただきます」
 音声アナウンス「これをもちましてノッティービーの放送をすべて終了させていただきます。4年3か月ご愛顧いただき、本当にありがとうございました」(男性アナウンス)
 そして1200に放送終了し、スマホで「放送波を受信できません。」の文字表示が出た。ただ、スマホのモバキャス受信中の通知アイコンは出たままだったので、電波はまだ出ていたのだろうか?
 1303にAR5000A+3で214.0MHzをチェックした時には電波は出ていなかった。
 放送終了時にハード事業者であるジャパン・モバイルキャスティングの呼出符号(コールサイン)、呼出名称などの告知は一切なかった。
 docomo Androidスマートフォン+ブースター+CLP5130-1で受信。

◆Eスポによる受信

■日本

●FMはまなすジャパン…76.1MHz(S)
 北海道岩見沢市のコミュニティ放送局。
 6月13日, 0755〜0807 b/out。数局が混信する中、0757に番組の最後に「この時間は岩見沢市からのお知らせを……スクラム岩見沢をお送りしました」、0800に「FMはまなすウェザーニュース。この番組はJA岩見沢の提供でお送りします」、0806にCanned IDが「FM Hamanasu Japan. Seventy six point ……」などと聞こえた。
 同局は同波に親局、中継局が数局リストされているが、送信所によって微妙なタイムラグがあるらしく、時々エコーのように聞こえた。

●FMくしろ…76.1MHz(S)
 北海道釧路市のコミュニティ放送局。
 6月13日, 0807〜0834。0820に「FMくしろ運動会応援キャンペーン」のスポット、0821にSJが「Seventy six point one. FM Kushiro」、0831にSJが「…… FM Kushiro」と出て確認。天気予報、CM、交通情報、提供などは釧路市のものばかりだった。
 同局も同波に親局、中継局が数局リストされているが、送信所によって微妙なタイムラグがあるらしく、時々エコーのように聞こえた。

●FMわっぴ〜…76.1MHz(S)
 北海道稚内市のコミュニティ放送局。
 6月13日, 0832 f/in〜0835 b/out, 0859 f/in〜同 f/out, 0915〜0947。0835にSJが「FMわっぴ〜」、0859にIDが「今あなたがお聞きのコミュニティ放送局は76.1メガヘルツ、FMわっぴ〜です」、0920にCanned IDが「Seventy six point one. FM Wappi Radio」、0921,0941に番宣スポットが「……。FMわっぴ〜では……」、0941にSJが「Wo... FM Wappi」と出て確認。CMや提供は稚内市のものだった。

●FM WING(推定)…76.1MHz(S)
 6月13日, 0757 f/in〜0758 b/out, 0838 f/in〜0839 b/out。他局の中から短時間浮かんで来て、0758にベルクラッシク帯広のCM、0839に萩原建設工業のCMが「この帯広の地に創業。……私たちは十勝の未来を担う萩原建設工業です」と出たので、局名確認はできなかったが、北海道帯広市の同局と思われる。同局とすれば、同波の東京のInterFM開局前の1995年に受信して以来の受信。

 76.1MHzに出ていた東京のInterFM897が停波、QSYしたため、この6月13日はこれら76.1MHzの北海道のコミュニティ局4局が代わる代わる入感してきた。

■中華人民共和国

●安徽公共頻道・安徽広播電視台…C3ch(C)
 6月1日, 1112〜1250, 映像・音声共, (C)。音声IDが番組と番組の合間や1149〜1241の「法治中国60分」の番組中の1148, 1233, 1235に「您現在収看的是安徽公共頻道」(1219, 1221, 1245にも一部不明瞭だが同じID)、1207に「快頻道、安徽公共頻道」(1241にも一部不明瞭だが同じID)と出た(いずれも映像は不鮮明)。1235にスポットが音声で「……安徽広播電視台、合肥安平癲癇医院聯合挙辦」(1148, 1243にも一部不明瞭だが同じスポット)と出た。画面左上に常時局ロゴ+文字(不鮮明)。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://v.ahtv.cn/live/gglive/ > ともパラで(1112〜1152, 1202〜1250にパラ確認)、ライブストリーミング放送の画面左上に常時局ロゴ+「公共频道」、1148などのIDは映像で局ロゴ+「公共频道 NEWS CHANNEL」、1207などのIDは映像で「新闻 直播 现场」→「快频道 NEWS CHANNEL」→局ロゴ+「公共频道 NEWS CHANNEL」、1235などのスポットは映像で局名部分は「安徽广播电视台 合肥安平癫痫医院」とあった。
 6月2日, 1133〜1147, 映像・音声共。番組終了直後の1146に音声IDが「快頻道、安徽公共頻道」と出た。画面左上に常時局ロゴ+文字(不鮮明)。65.75/72.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送(同上)ともパラ(約70秒遅れ。1140にパラ確認)。
 6月9日, 1118〜1204 f/out, 映像・音声共。画面左上に常時局ロゴ+「公共频道」。1146, 1148に音声IDが「您現在収看的是安徽公共頻道」、1131, 1143にスポットの音声で「……安徽公共頻道。……」と出た。65.75/72.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送(同上)ともパラ(約70秒遅れ。1124にパラ確認)。
 6月6日、6月7日にも受信。

●安徽衛視…C3ch
 6月2日, 1147〜1210, 映像・音声共。画面左上に常時局ロゴ+文字(不鮮明)。上記の安徽公共頻道が混信。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://v.ahtv.cn/live/ahlive/ > とのパラで局名確認し(約70秒遅れ。1147〜1155にパラ確認)、ライブストリーミング放送の画面左上に常時局ロゴ+「安徽卫视」と出ていた。
 6月7日, 1149〜1200頃, 映像・音声共。画面左上に常時局ロゴ+「安徽卫视」。
 インターネットライブストリーミング放送(同上)ともパラ(約70秒遅れ。1200にパラ確認)。
 6月9日, 0941〜1110 f/out, 映像・音声共, (C)。画面左上に常時局ロゴ+「安徽卫视」。番組と番組の合間のCMに混ざって0954に映像ID(不鮮明)&音楽。65.75/72.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送(同上)ともパラで(約75秒遅れ。1000にパラ確認)、ライブストリーミング放送で0954の映像IDは局ロゴ+「安徽卫视」(音声は音楽のみ)とあった。

●吉林衛視…C3ch
 6月6日, 1222〜1240, 映像・音声共。画面左上に常時局ロゴ+「××」(不鮮明)。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.zuiaishiting.com/tv/jl/1.html (PPTV)> とのパラで局名確認し(受信全時間パラ確認)、ライブストリーミング放送の画面左上に常時局ロゴ+「吉林」と出ていた。
 6月11日, 1322〜1329, 映像・音声共。画面左上に常時ロゴ+「吉林」。65.75/72.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送ともパラ(約60秒遅れ。1328にパラ確認)。
 6月7日にも受信。

●臨沂公共頻道…C1ch(C)
 6月11日, 1140〜1210, 映像・音声共, (C)。画面左上に常時局ロゴ+「临沂公共」。番組と番組の合間の1152にスポットの音声で「……。臨沂公共頻道。……」、映像IDの音楽(映像不鮮明)、1158に映像IDの音楽(映像不鮮明)が出た。49.75/56.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.ilinyi.net/live/ > ともパラで(約10秒遅れ。1145にパラ確認)、ライブストリーミング放送で1152, 1158の映像IDは局ロゴ+「临沂公共」(音声は音楽のみ)、1152のスポットは映像で局名部分は局ロゴ+「「临沂公共」とあった。

●河北経済・河北経視…C4ch
 6月6日, 1343〜1357 f/out, 音声のみ。1350〜の男声トーク番組の冒頭で「観衆朋友、大家好。歓迎収看正在直播的談天説地。我是鴻宇。河北経視……」と出た。-/83.75MHz。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.zuiaishiting.com/tv/he/15.html (Flash)> ともパラで(約20秒遅れ。1353〜1357にパラ確認)、ライブストリーミング放送の画面左上に常時局ロゴ+「河北经济」、1408などの番宣スポットは局名部分は映像で「河北经济」、音声で「河北経済」、1408などのスポットは局名部分は映像で「河北经视」、音声で「河北経視」、1413の番宣スポットは局名部分は音声で「河北広播電視台」と出ていた。
 C4chで同局は初受信。河北経視=Hebei Jingshi。

●沭陽科教…C3ch(C)
◎未確認・推測扱い
 6月6日, 1739〜1839 b/out, 1844 f/in〜1846 b/out, 映像・音声共, (C)。ドラマの後、1800〜医療広告番組、1835〜風景映像&音楽、1836〜トーク、1836〜医療広告番組。
 画面左上に常時局ロゴ+文字4文字(不鮮明)。局ロゴは赤丸の中に白色太字で「S」。65.75/72.25MHz。
 1800〜1835の医療広告番組で1814, 1820, 1835に音声で「廠家指定経銷処、沭陽好景大薬房。……。咨詢電話、幺八四 五幺八七 二三七七」と出ており(「廠家指定経銷処、沭陽好景大薬房」の部分は後述の映像の文字からわかった)、このうち1814のものは映像で「厂家指定经销处 沭阳好景大药房」と出ているのが見えた(1820, 1835は不鮮明)。
 1836のトークは音声で「チンチャー地址、好景大薬房。……。ルーシェン 幺八六 六ニ七三 幺八二六」と出た。
 この2つの電話番号を検索すると2つ共、江蘇省宿遷市の携帯番号と出てきた。
 医療広告番組に出てきた薬局名にある「沭陽」は宿遷市に属する沭陽県のことと思われる。
 画面左上の局ロゴは沭陽県の沭陽電視台のものに酷似していた。
http://goo.gl/VXNiKF Baiduの画像検索結果(短縮URL)
http://www.sygd.tv/index.php?m=content&c=index&a=lists&catid=163 沭陽綜合のライブストリーミング放送
 この時点ではこれらを総合的に見て江蘇省宿遷市沭陽県のTV局の可能性があると推測するに留まった。
◎局名確認
 6月8日, 1439〜1556 f/out, 映像・音声共, (C)。6月6日の未確認・推測扱いだったTV局と同じ局ロゴのTV局が再び入感し、同局と確認できた。
 ドキュメント番組の後、1442〜ドラマ、1525〜医療広告番組、1540〜トーク、1540〜医療広告番組。
 画面左上に常時局ロゴ+「沭阳科教」とあり、局名確認できた。局ロゴは6月6日受信のTV局のものと同じ。65.75/72.25MHz。
 1525〜1540の医療広告番組は6月6日の1800〜1835の医療広告番組のうち1800〜1815の部分と同じで、1537などに映像で下部に「指定经销 沭阳好景大药房 184 5187 2377」とあり、1540に音声で「廠家指定経銷処、沭陽好景大薬房。……。咨詢電話、幺八四 五幺八七 二三七七」と出た。
 1540のトークは6月6日の1836のトークと同じで、音声で「チンチャー地址、好景大薬房。……。ルーシェン 幺八六 六ニ七三 幺八二六」と出た。
 江蘇省宿遷市沭陽(Shuyang)県。初受信。

●フェンシャン電視台綜合頻道…C3ch
 6月7日, 1226〜1228 b/out, 音声のみ。数局が入感している中、女声トーク番組「タイチー節目」の後、1228に音声IDが「フェンシャン電視台綜合頻道」と出た。オープン方面不明。
 C3chでは1149に安徽公共頻道と安徽衛視(安徽衛視は少なくとも1200までは入感)、1253に吉林衛視(少なくとも1303までは入感)、1319〜1351 f/outに河北経済を受信している。どこの局かさっぱりわからない。

●河北経済…C3ch
 6月7日, 1319〜1351 f/out, 映像・音声共。画面左上に常時局ロゴ+文字(不鮮明)。65.75/72.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.zuiaishiting.com/tv/he/15.html (Flash)> とのパラで局名確認し(約20秒遅れ。1324にパラ確認)、ライブストリーミング放送の画面左上に常時局ロゴ+「河北经济」と出ていた。
 個人的にはC3chでは初受信。

●滁州広播電視台公共頻道…C3ch
 6月9日, 0938〜0945 f/out, 1012 f/in〜1013 b/out, 1020 f/in〜同 f/out, 映像・音声共。0938〜0945 f/outはニュース番組で、映像に番組名が「滁州全××」(後2文字不鮮明)とあった。レポートの最後で音声で「滁州全接触……報道」と聞こえた(「接触」の部分は後述の検索結果から判断した)。番組の電話番号が映像に「13705504949」と出ていて、音声では「幺三七零五零四九四九」と「五」が1個抜けて聞こえた。画面右上には「重播」とあった。
 CM前の0941に映像に「地址 滁州市会峰大厦一楼 滁州广播电视台广告中心」(「滁州」の部分は8割くらいの自信)、「咨询热线 0550-3899 189 1530 550 1133」と出ていた。
 1012 f/in〜1013 b/outは医療広告番組、1020 f/in〜同 f/outはすぐf/outしたので番組不明。
 画面左上に常時局ロゴ+「公共频道」。局ロゴは丸の中に「C」。65.75/72.25MHz。
 「滁州全××」に出てきた電話番号を検索すると、滁州市生活HP「嗨滁網」内の「滁州全接触」< http://www.hichuzhou.com/weixin/wx_52/ > からリンクされている各ページが見つかり、例えば2016年6月7日のページは < http://www.hichuzhou.com/weixin/9385.html > であるが、これら各ページによると「滁州全接触」は滁州広播電視台の新聞綜合頻道、公共頻道、科教頻道で放送されている番組名で、これら各ページにこの電話番号が掲載されていた。掲載されている放送時間のうち公共頻道の「重播」は「次日8:00-9:00」となっており、時間も一致することから番組名は「滁州全接触」と思われる。
 また、CM前の0941に出た電話番号を検索すると、滁州広播電視台のHP内の広告価格表ページ < http://www.cztv.cc/2015gg.htm > に掲載されている同局の電話番号と一致した。「滁州广播电视台公共频道广告价格表」もある。
 画面左上の局ロゴは滁州広播電視台のHP < http://www.cztv.cc > にあるロゴに酷似している。
 JVUDXCでは2013年にC3chで滁州市の公共頻道の受信記録がある。
 これらを総合的に見て安徽省滁州(Chuzhou)市の滁州広播電視台公共頻道に間違いないと思う。
 6月22日, 1404〜1414 b/out, 映像・音声共。最初、映像・音声共入感してインタビュー風景が見え、画面左上に6月9日に見た局ロゴと同じように見える局ロゴ「C」+文字(不鮮明)があった。
 1406に混信でごちゃごちゃしてよくわからなくなり、1409〜音声が浮き上がってきて、お知らせスポットやCMが聞こえた。お知らせスポットは音声で1411に「……チューチョウ広播電視台、二零一六……」、1413に「……広播電視台……広播電視台……」、1414に「チューチョウ広播電視台……」と聞こえた。
 この日は系統は未確認。

●丹陽市広播電視台新聞頻道…C3ch
 6月9日, 0941〜1023 b/out, 1037 f/in〜1038 f/out, 映像・音声共。ニュース番組「最新播報」の後、1015〜スポットやCMや音声ID、1021〜ドラマ。1037 f/in〜1038 f/outもドラマ。
 1015にスポットの音声で「……タンヤン市……。タンヤン市広播電視台。タンヤン……。諮詢電話。幺三八 六二四六 零九九二 八…… 九九九九」、1021に音声IDが「チョーヨウ新聞頻道。……トンシン」と出た。
 画面左上に常時局ロゴ+直下に「新闻」。局ロゴは丸の中に「U」。
 1015のスポットに出てきた電話番号を検索すると江蘇省鎮江市の携帯番号と出てきた。
 鎮江市に属する丹陽市の丹陽市広播電視集団のHP < http://www.danyang.com >、同HP内にある2013年度丹陽市広播電視台のテレビ広告料金表 < http://www2.danyang.com/ad/tvad.html >、「丹視新聞 2016-06-08」の動画 < http://v.danyang.com/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=116&id=61933 > を見ると、これらに出てくる局ロゴが酷似しており、「丹視新聞 2016-06-08」の画面左上の局ロゴ直下の「新闻」の文字フォントも酷似している。
 局ロゴの中の「U」だが、これはDanyang(丹陽)の「D」を崩して「U」に見えるのかもしれない。
 JVUDXCでは1990年代後半〜2000年にかけてC3chで丹陽電視台の受信記録がある。
 これらを総合的に見て江蘇省鎮江市丹陽(Danyang)市の丹陽市広播電視台新聞頻道に間違いないと思う。
 この日の0938(受信開始)〜1040頃にかけてはC3chで安徽衛視、滁州広播電視台公共頻道、丹陽市広播電視台新聞頻道が代わる代わる入感していた。

●……台新聞綜合頻道…C3ch
 6月9日, 1136〜1137, 音声のみ。1136に音声IDが「……台新聞綜合頻道」。安徽公共頻道に混信してIDが聞こえた。どこの局かさっぱりわからない。

●TFM907…90.7MHz(S)
 6月11日, 1244〜1311。Canned IDが1247に「…… Oh, My God. It's so hot. TFM Nine O Seven」、1252に「……。TFM九零七……広播電台。……TFM九零七。……」、「……。TFM九零七」、1300に「TFM九零七。……。TFM Nine O Seven」、1304に「……。TFM九零七。……」、DJのIDが1251に「……TFM九零七。……」、1300に「現在是下午十二点。這里是FM九零七」と出た。1309にはDJのトーク中に「……杭州。……今日的杭州市……」と言っていた。ほぼ同時刻に101.7MHz 動感101、90.8MHz 安徽交通広播を受信。
 Inoさんの情報によると、浙江省杭州市の新局とのこと。
http://www.weibo.com/u/5812697738?refer_flag=1005055014_&is_all=1

●中央電視台第一套節目綜合頻道…C1ch(C)
 6月11日, 1330〜1340, 映像・音声共。1330に番宣スポットの音声で「……。中央電視台第一套節目綜合頻道、……」と出た。画面左上に常時局ロゴ「CCTV1」+「综合」。フル系統名を確認したのは久しぶり。

●不明中国TV…C3ch
 6月11日, 1350, 音声のみ。吉林衛視に混信して1350にアナウンスが「チーシーシャンスー頻道。……」と出た。
 黒竜江衛視のインターネットライブストリーミング放送とはパラではなかった。どこの局か不明。

●黒竜江衛視…C3ch(C)
 6月11日, 1355〜1448 b/out, 映像・音声共。1435に番宣スポットの音声で「……黒竜江衛視……」、「……黒竜江衛視、毎週一周ニ晩二十一点二十……」と出た。画面左上に常時局ロゴ。65.75/72.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.zuiaishiting.com/tv/hl/8.html (SOHU)> ともパラで(約50秒遅れ。1356〜1448にパラ確認)、ライブストリーミング放送で1435の番宣スポットは映像で局名部分は「黑龙江卫视」とあった。

●不明(中国TV)局…C3ch or 72.25AMHz
 6月11日, 1402 f/in〜1402 f/out, 1410 f/in〜1411 f/out。TVとしたら音声のみ。C3chの黒竜江衛視や吉林衛視の音声に混信して、朝鮮語/韓国語のトークが入感してきた。
 口調としては韓国の韓国語のように聞こえるがはっきりせず、TV音声かラジオなのかも判別が付かなかったので、Inoさんに録音を聞いて頂いたところ、「雰囲気からは中国の朝鮮語のように感じます。間の取り方の感じではテレビ音声のような感じです」とお返事を頂いた。
 周波数から見ても中国のTV音声の朝鮮語と考えた方が自然ではあるが、C3chで中国のTVの朝鮮語は今まで聞いたことがないので(過去に中国のTVの朝鮮語を受信したのはC1ch、C2chのみ)、一応、不明(中国TV)局とした。

●不明中国TV…C3ch(C)
 6月11日, 1430〜1509, 映像・音声共。黒竜江衛視に混信しながら入感。不明番組の後、1434〜CM、1444〜医療広告番組、1455〜ドラマ。
 画面左上に常時局ロゴ+文字(不鮮明)。局ロゴは丸の中に模様。65.75/72.25MHz。入感方向は北西。
 1343〜1403頃 f/outまでC3chで入感していた吉林衛視のインターネットライブストリーミング放送とはパラではなかった。
 CMは1435に映像で「鹤岗华夏妇科…… HEGANG HUAXIA …… 电话 345511」(一部不鮮明。@)と見えたり、1438〜1439に音声で「……。フーカン ピンアン ジーエン。……。電話 三三零五 六六六、地址 ナンチャンチー ティントン ピンアン ジーエン」、「……フーカン……。電話 零四六八 三三四七 七八零」(A)、「……フーカン……。チェンカン 電話 四四五五幺幺幺」、1440に音声で「……フーカン……。チェンカン 電話 四四五五幺幺幺」、1443に音声で「……。地址 イーファ ファリュ……フーカン ファシャー フークーイエン……、電話 三四五五幺幺幺」と聞こえた。
 電話番号を検索すると、Aの「0468」は黒竜江省鶴崗市の市外局番で、@の電話番号は黒竜江省鶴崗市の鶴崗華夏婦科男科門診部のものと一致した。
 CMは黒竜江省鶴崗市のものばかりだった。
 画面左上の局ロゴは鶴崗電視台のHP < http://www.hgdst.com > にある動画に出てくる局ロゴに似ているように思える。
 JVUDXCでは1990年に1回C3chで鶴崗市のTV局の受信記録がある。
 これらを総合的に考えると、黒竜江省鶴崗(Hegang)市のTV局の可能性がある。

●黒竜江衛視…72.00MHz
 6月20日, 1410〜1451 f/out。番宣スポットが1436に「……黒竜江衛視……」、1437に「……黒竜江衛視、毎週一周ニ晩二十一点二十……」と出た。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.zuiaishiting.com/tv/hl/8.html (SOHU)> ともパラ(約60秒遅れ。1412, 1413, 1436, 1445にパラ確認)。
 マイナス6.5MHzの65.50MHzでは映像信号は受信できなかった。C3ch音声(72.25MHz)は1410には受信できなかったが、1420〜パラで受信できた。
 ここで黒竜江衛視の音声が受信できるとの情報は受信日の少し前にInoさんに教えて頂いたもの。
 65.50MHzで何も受信できず、最初はC3ch音声(72.25MHz)が入感していなかったことを考えると、TVのオフセット周波数や副音声などではなく、ラジオ局がTV音声を流しているのだろうか。

●不明中国TV…C2ch
 6月20日, 1526〜1529 f/out, 音声のみ。1526にスポットが音声で「……電話 ニ四六 六二六、ニ四六 六二六、パンフー電視広播電視台イーユアン」と出た。その後はCMで「チチハル市」が数回出てきた。黒竜江方面がオープン?

●不明中国FM…72.00MHz
 6月22日, 1332〜1339。歌に乗せた男声トークの後、1332〜歌が流れて、1334にs/off、無音になった。
 87MHz台以上で中国FMが多数入感していたが、最近の中国FM事情に疎いので、オープン方面不明。前後に受信した局(Logs参照)を総合すると上海・安徽方面か遼寧方面の局だろうか。
 黒竜江衛視のインターネットライブストリーミング放送とはパラでなかった。

●杭州電台中波954老朋友広播…69.0MHz(S)
 6月22日, 1356〜1404。1356にCanned IDが「……。杭州電台中波九五四老朋友広播。……」、1357にアナウンサーのIDが「這里是杭州電台中波九五四老朋友広播、……」、1359にCanned IDが「……。這里是杭州電台中波九五四老朋友広播」、1400にCanned IDが「……。杭州電台中波九五四老朋友広播。……」と出た。
 中波954kHzの中継用かと思ったが、中身もステレオになっており、用途がわからない周波数。一般向けだろうか。

●安徽公共頻道…C2ch
 6月22日, 1614〜1638 b/out, 映像・音声共。画面左上に常時局ロゴ+文字(不鮮明)。57.75/64.25MHz。
 1614〜1652に常連のC3chをパラで同時受信。C3chは映像・音声共。画面左上常時局ロゴ+文字(不鮮明)。65.75/72.25MHz。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.zuiaishiting.com/tv/ah/9.html > とのパラで局名確認し(約70秒遅れ。1616にパラ確認)、ライブストリーミング放送の画面左上に局ロゴ+「公共频道」と出ていた。
 個人的にはC2chは初受信。

●不明中国FM…87.3MHz(S)
 6月23日, 1233〜1303。モンゴル語放送。1300までは中央人民広播電台民族之声のモンゴル語放送の中継で、同放送のインターネットライブストリーミング放送 < http://www.zuiaishiting.com/radio/zy/14.html > とパラになっていた(約25秒遅れ。1250〜1300にパラ確認)。
 1300〜はモンゴル語の男女トークだったが、1300直後は混信のためよく聞こえなかった。
 吉林などがオープン。

●不明中国FM…72.00MHz
 6月23日, 1305〜1330 f/out, 1331 f/in〜1332 f/out。歌にのせて女声トーク。1314に「ナー、現在是北京時間十二点十四分」と出ていたので生放送のようだ。1314〜歌、1318〜再び歌に乗せて女声トーク。1318にID(?)が「這里是……」と出たがフェーディングのため不明瞭。1330にf/outしたが、1331 f/in〜1332 f/outには歌が聞こえた。
 番組の感じが6月22日の受信局に似ていて、1331 f/in〜1332 f/outに聞こえた歌もこの6月22日受信局で終了時に流れた曲に似ているように思えるので、同一局かもしれない。
 吉林・遼寧あたりがオープン。
 1308と1318〜に同波の黒竜江衛視が混信して入感してきたので、これとは別局である。

■タイ

●Chong 7 Si…E2ch
 6月6日, 1008〜1020,1044〜1116, 音声のみ。1012に番宣スポットが"... Chong Jed Si ..."、1012にCM明けの番組冒頭で"... Chong Jed Si ..."と出た。-/53.76MHz。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://tv.sanook.com/channel/7/%E0%B8%8A%E0%B9%88%E0%B8%AD%E0%B8%87-7 > ともパラで(約40秒遅れ。1044〜1057, 1059〜1103, 1106〜1116にパラ確認)、ライブストリーミング放送の画面右下にCM時以外は常時局ロゴがあった。
 EスポでE2chで同局を確認したのは初めて(F2でのE2ch受信確認は過去にあり)。

●不明タイTV…E4ch
 6月6日, 1020〜1045 f/out, 音声のみ。男声トーク番組で、1030〜1033にCM。E2ch -/53.76MHzのChong 7 Siとはパラではない。E4ch受信は久しぶり。-/67.74MHz。

■ロシア

●Radio Rossii Primor'e…69.32MHz
 6月13日, 0744〜0749 f/out。0748にCanned IDが「Radio Rossii Primor'e ...」と出た。後述のようにこの日は平日にもかかわらず68.72MHzのRadio Rossii Komsomol'sk-na-Amureと思われる局や、72.80MHzのKhabarovskoe Radioと思われる局は平日のローカル放送がなかったが、同局はJVUDXCの「TV-FM受信ガイド2016 PDF版」で平日のみとされているこの時間にもローカル放送を放送していた。

●Radio Rossii…68.72MHz
 6月13日, 1008〜1039。トーク番組の最後の1009にCannned IDが「Radio Rossii ...」と出た後、1010にCanned IDが「Radio Rossii ...」と出て、女声や男声のトーク番組。1030にCanned ID「Radio Rossii ...」、スポット「... Radio Rossii ...」、1031にCanned IDが「Radio Rossii ...」と出た後、1032〜女声のトーク番組。
 1023に67.82MHzとパラだった。
 JVUDXCの「TV-FM受信ガイド2016 PDF版」によると、68.72MHzのRadio Rossii Komsomol'sk-na-Amureは平日の1010〜1032にローカル番組があるはずだが、Inoさんによるとこの日はロシアの祭日の振替休日のためローカル番組がなかったとのこと(とこの時は思われた)。
 同氏が得たロシアのVictorさんの掲示板の情報によると、Radio Rossii Komsomol'sk-na-Amureは7月1日に周波数を68.72MHzから105.2MHzに変更するとのことで、良好に受信できるチャンスが6月までと思われるため、折角良好に入感していたのに大変残念だった。
 6月22日, 1004〜1037。ニュースの最後の1009にCanned ID「Radio Rossii」。1010〜男女トーク番組になったが、1013〜パラで67.82, 70.16, 71.30MHzが受信ができたので、Radio Rossiiのネット番組と思われ、休日ではない平日にもかかわらずRadio Rossii Komsomol'sk-na-Amureのローカル放送は放送されていなかった。
 1030〜スポット、1031, 1032にCanned ID「Radio Rossii ...」「... Radio Rossii」、1032〜男声トーク番組。
 6月23日, 1009〜1034。ニュースの最後の1009にCanned ID「Radio Rossii」。1010にCanned IDが「... Radio Rossii」と出て、音楽、男声や女声のトーク番組になり、途中1014, 1017にCanned IDが「... Radio Rossii」と出た。1030〜スポット、1031〜Canned ID「... Radio Rossii ...」「Radio Rossii ...」が出た後は1032〜女声男声トーク番組。
 1009〜1034までずっと67.88MHzとパラ。
 やはり1010〜1032にRadio Rossii Komsomol'sk-na-Amureのローカル放送は放送されていない。

●Radio Rossii…72.80MHz
 6月13日, 1106〜11139。トーク番組の最後の1109にCannned IDが「Radio Rossii ...」と出た後、1110〜男女のトーク番組。1128にCanned IDが「... Radio Rossii」と出て歌が流れ、1132にCanned IDが「... Radio Rossii」と出た後、女声や男声のトーク番組。
 1128に67.82,67.88,70.16MHzとパラだった。
 JVUDXCの「TV-FM受信ガイド2016 PDF版」によると、72.80MHzのKhabarovskoe Radioは平日の1110〜1200にローカル放送があるはずだが、同局も上述と同じ理由でローカル放送がなかったとのこと。
 Inoさんが得たロシアのVictorさんの掲示板の情報によると、ハバロフスクのRadio Rossiiは7月1日から91.4MHzで送信が始まり、Inoさんによると72.80MHzは廃止かもしれないとのことで、良好に受信できるチャンスが6月までの可能性があるため、同局も折角良好に入感していたのに大変残念だった。

●Mayak…72.86MHz(M)
 6月20日, 1235〜1318,(M)。1259までは音楽番組で、Canned IDが1236, 1255に「Mayak」、1251に「Mayak ... Radiostantsiya Mayak. ... Mayak」と出た。1259にISが出て、1300〜ニュース、1305〜音楽番組となり、Canned IDが1308に「Mayak. Mayak」、「Mayak ...」と出た。
 JVUDXCの「TV-FM受信ガイド2016 PDF版」によると、過去には日本と同じステレオ方式のステレオで受信されたことがあるとのことだが、モノラル送信だった。
 1308〜1311 f/outにはパラで90.2MHz(S)がステレオ受信できた。
 Inoさんのブログによると、アムール州の地方紙「Амурская правда」の記事 < https://www.ampravda.ru/2016/04/08/065746.html https://www.ampravda.ru/2016/04/08/065793.html https://www.ampravda.ru/2016/04/22/066144.html > によると、BlagoveshchenskのMayakは新周波数90.2MHzが開始すると、従来のVHF(72.86MHzのことらしい)は停波すると報じられているが、この日受信した72.86MHz、90.2MHzが両方共Blagoveshchensk送信とすると、2波で平行送信をしていることになる。
 Inoさんに教えて頂いたロシアの送信施設管理組織であるRTRS(ロシア語略称:PTPC)の記事 < http://amur.rtrs.ru/news/read/170/ > によると、BlagoveshchenskのMayakは6月から90.2MHzで開始予定となっている。
 Inoさんによると、極東地域では72.86MHzが停波するとロシアバンドからはMayakはほぼ消滅するとのことだ。
 6月22日, 1040〜1108,(M)。Canned IDが1043, 1052, 1106に「Mayak」、1050に「Radiostantsiya Mayak ... Radio Mayak」、1107に「Mayak ...」と出た。1059にIS。
 1038〜1108にパラで90.2MHz(S)を受信。90.2MHzは同波の不明中国FMの混信に潰されることが多かったが、1050, 1106のCanned IDは単独でも聞き取れた。
 両波共、Blagoveshchensk送信と思われるが、まだ72.86MHzは停波せず、平行送信しているようだ。

●Khabarovskoe Radio / Teleradiokompaniya Dal'nevostochnaya…70.16MHz
 6月22日, 1111〜1155 b/out。ローカル放送で、1112にIDが「Vy slushaete programmu Vesti Khabarovsk. Teleradiokompaniya Dal'nevostochnaya」、1130にKhabarovskの時刻アナウンスが「Khabarovsk vremya dvenadtsat' chasov tridtsat' odin minuta」、1137にIDが「V efire Teleradiokompaniya Dal'nevostochnaya」と出た。
 パラで1112〜67.10, 68.72MHz、1127〜71.78MHzを受信。
 Khabarovsk送信と思われる72.80MHzは入感せず、既に停波したのだろうか。
 この日Inoさんが受信したKhabarovsk送信と思われる新周波数91.4MHzは強力な不明中国FMがいて確認できなかった。

●Radio Rossii Blagoveshchensk…71.30MHz, 68.36MHz(M)
 6月22日, 71.30MHz:1200〜1210, 68.36MHz(M):1210〜1251。71.30MHzはRadio Rossiiのネット番組と思われるニュースの最後の1209にCanned ID(?)が「... Rossii」と出た後、1210〜ローカル放送で、1210にCanned ID(?)が「V efire Radio ...」、IDが「V efire Radio Rossii ...」と出たが電波が弱く聞きづらかったので、1210〜パラで良好に入感していた68.36MHzに切り替えた。
 ローカル放送の番組はブラゴヴェシチェンスクやアムールのニュースで、1229にはブラゴヴェシチェンスクの天気があった。
 1229にCanned IDが「Vy slushali Radio Rossii Blagoveshchensk. Do novykh vstrech.」と出て確認。
 パラで1212〜67.82, 69.92, 71.30MHz、1222〜1231に71.30MHzを受信。
 1230〜女声トーク番組になったが、1247にCanned IDが「Radio Rossii. ...」「... V efire Radio Rossii」と出て、1231〜1251にパラで68.60MHzが受信できたので、Radio Rossiiのネット番組と思われる。
 Inoさんのブログによると、アムール州の地方紙「Амурская правда」の記事 < https://www.ampravda.ru/2016/04/08/065746.html https://www.ampravda.ru/2016/04/08/065793.html https://www.ampravda.ru/2016/04/22/066144.html > によると、BlagoveshchenskのRadio Rossiiは新周波数91MHzが開始すると、従来のVHF(71.30MHzのことらしい)は停波するとのこと。
 Inoさんに教えて頂いたロシアの送信施設管理組織であるRTRS(ロシア語略称:PTPC)の記事 < http://amur.rtrs.ru/news/read/170/ > によると、BlagoveshchenskのRadio Rossiiは8月の終わりから91MHzで開始予定となっている。

●Radio Rossii…66.32MHz
 6月23日, 0902〜0906 f/out, 0929〜1003。0904〜67.82, 67.88MHz、0930〜67.82MHz、0940〜67.88MHzとパラ確認。電波は弱い。67.88MHzで0909, 0947, 0957, 0958他にRadio RossiiのID確認。
 JVUDXCの「TV-FM受信ガイド2016 PDF版」には同波のRadio Rossii系統としてはChitinske Radioのみがリストされているが「廃止?」と書かれている。
 Inoさんによると、ロシアのVictorさんのサイト < http://vcfm.ru/radio/fx.php?fx=66%2c32 > によると、66.32MHzのRadio Rossiiはハバロフスク地方のTyrmaがリストされているとのこと。

●Pervyy Kanal…R1ch(C)
 6月23日, 1025〜1057, 映像・音声共。カラーで良好に入感。画面右上に常時局ロゴ「1」が出ていて確認できたが、色が薄いので鮮明にならないとわからない。49.75/56.25MHz。
 番組は1055までが「Жить здорово」、1055〜CM、1056〜不明番組。
 インターネットライブストリーミング放送 < http://www.1tv.ru/live > とは別内容。
 同局HPの当日の番組表 < http://www.1tv.ru/schedule/2016-06-23 > を見ると、「09:50 ≪Жить здорово!≫」とあり、番組ページにある2016/06/23の動画と一致した(番組ラスト部分をチェックしただけだが)。
 HP番組表のその次の番組は「10:55 ≪Модный приговор≫」とあり、番組ページにある2016/06/23の動画と1056〜の不明番組が一致したので、1056〜の不明番組は「Модный приговор」ということになる。
 こうしてみると、Pervyy Kanalが時差送信を行っているとすれば、受信したこのR1chのPervyy KanalはJSTと同じ時間に番組を放送していたことになる。JSTと同じ地域は現在アムール州、サハ共和国西部、ザバイカリエ地方であるが、ロシアの標準時間が11あるのに対し、Telekanal Rossiya 1は同局HP番組表 < https://russia.tv/tvp/ > を見ると、モスクワ時間、Dubl' 4、Dubl' 3、Dubl' 2、Dubl' 1の5つの時差送信を行っており、Pervyy Kanalも同じ5つの時差送信を行っているとすると、受信したこのR1chの送信地はJSTと同じ地域とは限らなくなる。
 また、時差送信の番組はモスクワより極東地域の方が先に放送されていることになる。速報性のあるニュースがどうなっているのかわからないが。
 個人的には同局は初確認。

●Telekanal Rossiya 1 / Telekanal Rossiya 1のローカル放送…R2ch(C)
 6月23日, 1113〜1210, 映像・音声共。映像は比較的鮮明に映ったが、音声は強力なC3chの不明中国TVの映像信号のためほとんど聞こえなかった。59.26/-MHz。
 1135までは画面右上に常時局ロゴが「РОССИЯ」「1」とあって確認。
 番組は1130まではニュース番組「ВЕСТИ」。女性キャスターで、画面左下に常時「ВЕСТИ」とあった。1128に全国と思われる天気予報があり、最後に1129にエンディングと思われるスタジオの浮感映像が出て終わった。
 「ВЕСТИ」の後、1130に動きのある映像IDがあり、最後に画面中央に「РОССИЯ」と出た。1130〜1135はCM。
 そしてその後、1135〜1155の間のニュースとCMの放送時は、画面右上に常時局ロゴ「РОССИЯ」「1」(「ИЯ」の部分は不鮮明だが多分間違いない)とその下に文字(不鮮明)が出ていた。
 1135〜1151のニュースは1130までのニュースと違い、男性キャスターで、画面左下に常時「ВЕСТИ」とその右に文字(不鮮明)があり、画面左上には3段の文字があった。
 画面左上の3段の文字は1138(11秒)に浮き上がってきた時に、1段目は不明だが、2段目は「12:38:11」、3段目は「+13.7℃」と見えた。12:38:11はJST+1時間の時刻で、ロシアの沿海地方、ハバロフスク地方、ユダヤ自治州、サハ共和国中央部の時刻に該当する。
 1151〜1155はCM。
 1155〜は不明番組(ドラマ?)となったが、この番組からは画面右上は常時局ロゴのみ(不鮮明だが恐らく1135までと同じもの)に戻り、局ロゴの下の文字は消えた。
 JVUDXCの「TV-FM受信ガイド2016 PDF版」によると、Telekanal Rossiyaでは地方のローカル放送が放送されていて、R1chのAmurskoe TVのローカル番組が受信された際に画面右上のTelekanal Rossiya 1の局ロゴの下に都市名の文字が入っていたとのこと。
 これらを考えると、1135〜1155は沿海地方、ハバロフスク地方、ユダヤ自治州、サハ共和国中部のいずれかのローカル放送と思われる。
 音声が良く聞こえれば地域を特定する材料があったかと思うが、ほとんど聞こえなかったのが残念である。
 Telekanal Rossiya 1のHPの当日の番組表 < https://russia.tv/tvp/index/date/23-06-2016 > を見ると、5つの時差送信いずれも「11:00 Вести」、「11:35 Вести-Москва」、「11:55 Тайны следствия-2. Падение」(ドラマ番組)となっており、1135〜1155はローカルニュース枠になっているのかもしれない。
 この日は60MHz台で沿海地方、ハバロフスク地方、ユダヤ自治州のFMが入感していたが、Inoさんによると1130頃はFMでは沿海地方が入っていてハバロフスク州辺りは入っていなかったとのこと。
 InoさんにYouTubeのGTRKローカル各局の公式サイトを教えて頂いたところ、GTRK VladivostokのVesti: Primor'ye < https://www.youtube.com/user/VestiPrim > にある動画のうち、2016/06/23に公開されているニュース動画の一部の映像が1135〜1151のニュース中に出てきた映像と一致した。動画が完全に一致している訳ではなく、一部分の素材が一致しただけで、出てくる場面は前後している。他の地方局でGTRK Vladivostokのニュース素材を使っていた可能性は捨てきれないが、FMの入感地域を考慮すると、1135〜1155のローカル放送はGTRK Vladivostokだった可能性がある。
 Telekanal Rossiya 1自体、個人的には初確認。


[受信以外の情報]

■日本

●TBC東北放送がFM補完中継局の免許申請、来年3月頃から試験電波発射予定
 同局のPRESS RELEASEによると、6月30日にFM補完中継局の免許申請を行い、2017年3月頃から試験電波発射予定とのこと。
周波数・出力 93.5MHz 5kW
送信場所 仙台市太白区八木山香澄町26-1(TBC本社構内)
送信高(海抜高) 249.0m
アンテナ構成 スーパーターンスタイル5段
--------------------
TBC東北放送 PRESS RELEASE 2016年6月30日
TBCラジオ FM補完放送局の免許申請に関するお知らせ
http://www.tbc-sendai.co.jp/07whats/press/20160630.pdf

■NHK放送文化研究所 放送研究と調査より

▽2016年6月号
●インドネシア,公共放送がDAB+を開始
http://www.nhk.or.jp/bunken/book/monthly/asia/201606.html


[QSL返信情報]

(1) 受信日・受信チャンネル (2) 同封物 (3) 受信報告書作成言語(国内局の場合は日本語のため省略) (4) 返信物 (5) 返信日数

●FMくしろ
(1)2016年6月13日・76.1MHz (2)受信音録音CD、82円切手 (4)QSLカード(データ記入あり・裏面にメッセージ)、TIME TABLE (5)4日
http://tvfmdx.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/fm-2993.html


(S)=ステレオ受信 (M)=モノラル送信 (C)=カラー受像
TV受信周波数:映像周波数/音声周波数の順

主な略語
s/on=放送開始(sign on) s/off=放送終了(sign off)
c/on=電波送信開始(carrier on) c/off=電波停波(carrier off)
f/in=フェードイン(fade in) f/out=フェードアウト(fade out)
b/out=block out(他局の電波に潰されること)
ID=局名告知アナウンス SJ=ステーションジングル


All received and reported by "Konsu"
in Tokyo, JAPAN
with
RX : AOR AR5000A+3, ICOM IC-R7000, SONY ST-SA50ES ( For Japan ), SONY ST-SA5ES ( For Europe ), SONY ICF-SW55
TV set : JVC CX-60ME(K) ( For overseas ), SONY KV-AR142M80 ( Multi system )
TV converter : HS PUBLICATIONS D-100<DE-LUXE>
TV recorder : KUROUTOSHIKOU SAA7135-STVPCI/R ( Capture board )
ANT : CREATE CLP5130-1
Booster : Nippon Antenna VTR-331-SP ( For ST-SA50ES, ST-SA5ES )
Option - TV/FM Adapter : ICOM TV-R7000J, ICOM TV-R7100J ( For recovery of FM stereo of IC-R7000, AR5000A+3 )
Option - Text display unit : SONY CTD-S100 ( For recovery of FM multiplex telecasting of ST-SA50ES )

情報を転載・引用する際には「WEST TOKYO TV-FM DX」の"こんす"の情報である旨を明記して下さい。


Logs 2016.06>


<TV-FM DX Report, Logs Menu


<TOP