TV-FM DX Report 2001.10 - 2 2001.12.16 UP


●今年のEスポシーズン・F2シーズンに受信した中国局・台湾局の録音をアジア放送研究会の山中明さんに聞いて頂いたところ、下記のようにお返事を頂いた(山中さんには厚くお礼申し上げます)。Logs=Logsのみに報告した局。

Eスポによる受信・中華人民共和国 > Eスポによる受信・中華民国 > F2による受信・中華人民共和国 >


■Eスポによる受信・中華人民共和国

TV-FM DX Report 2001.05 / Logs 2001.05報告

◎温州人民広播電台経済台・シャンファン経済台 88.80MHz 5月26日(1502-1505/1513-1516)
→いずれも「温州人民広播電台経済台」で間違いありません。前者で「シャンファン経済台」と聞こえる部分は局名ではなく、「調頻88.8、中波801、相伴経済台、生活更精彩」というキャッチフレーズの一部です。後者のIDは「事事関心、声声入耳、温州人民広播電台経済台。Everything concerned, everybody appeared. Radio Wenzhou Economic Station」と出ています。

◎臨海人民広播電台(推定) 89.80MHz 5月26日
→間違いありません。IDは「…収音機前、您就擰在FM89.8兆赫、臨海人民広播電台」と出ています。

◎嘉興人民広播電台信息交通頻率(推定) 96.90MHz 5月26日
→正しくは「江西人民広播電台信息交通頻率」です。IDは「您収聴到的是江西人民広播電台信息交通頻率」と出ています。番組名は「欣欣情節」のようです。インターネットによると、この信息交通頻率は今年3月31日に従来の江西信息広播電台を改組して開設したもので、中波927kHzも使用しています。

◎ツーチー人民広播電台 90.00MHz 5月26日
→江西省九江市の「九江人民広播電台」です。予告によると、第二次播音のスケジュールは1755〜2400となっています。北京時間1800は「九江新聞、気象預報」ですが、1820の方はよく分かりません。

◎舟山人民広播電台(推定) 99.80MHz Logs 5月26日, 1808
→厳密にはIDではありませんが、広告の中で「…聯合挙辦舟山人民広播電台…」と告知しています。この広告は何かのコンテストのお知らせで、参加者の応募日時を案内しているようです。

◎金山人民広播電台(推定) 105.10MHz 5月26日
→間違いありません。IDは「金山人民広播電台。現在播送《金広新聞》」と出ています。

◎不明広東語FM 97.4MHz Logs 5月27日, 1024
→使用言語は間違いなく広東語ですが、IDが録音されていません。

◎海南人民広播電台 93.20MHz 5月27日
→海南話で合っています。海南語のIDは「海南人民広播電台。而家係……時間」と出ています。その後、普通話番組となり、「漁民協会和漁業辦公室先後成立」などを伝えています。

◎洞頭県の局(推定) 100.90MHz Logs 5月27日, 1058
同波の「洞頭人民広播電台」で間違いないでしょう。直接のIDは録音されていませんが、「反映社会熱点、弘揚文明新風。歓迎収聴《洞頭新聞》」というアナウンスの後、温州市の固定電話の番号が2001年5月18日から8桁に増えたことを告知しています。上記の通り、「洞頭新聞」で間違いありません。

◎CRI 96.8MHz 5月27日
→特筆すべきことはありません。

◎無錫人民広播電台新聞台 86.50MHz 5月27日
→番組タイトルは「工業之声」です。この番組は無錫人民広播電台新聞台と無錫工業局の共同制作で、アナウンスによると、この日が56回目に当たるということです。

◎淮安経済広播電台(推定) 105.00MHz 5月27日
→間違いありません。IDは中国語と英語で「…調頻105兆赫、中波1521千赫、淮安経済広播電台……Huai'an Economic Radio Station. 淮安経済広播電台」と出ています。

◎南譙人民広播電台(推定) 105.40MHz Logs 5月27日, 1228
→間違いありません。IDは「這里是調頻105.4兆赫、南譙人民広播電台《百姓生活》直播節目」と出ています。

◎チンファ人民広播電台 104.80MHz 5月27日
→該当する地名が見当たりません。IDは「這里是調頻104.5(兆赫)、××人民広播電台」と出ていますので、浙江省の「金華人民広播電台」ではないようです。(『(市)広播電視(庁通知)』は)正しくは「市広播電視局通知」です。このことから市級局であることが分かります。(「クーシャンチャン広播電視站」は)「各郷鎮広播電視站」です。この通知は市広播電視局から郷・鎮の広播電視站向けのお知らせで、5月22日から市のラジオ局とテレビ局が夏季農業に関するコーナーを開設した旨を告知しています。

◎徐州電台経済頻道(推定) 99.6MHz 5月27日
→間違いありません。IDは「徐州電台経済頻道。経広新聞」と出ています。

TV-FM DX Report 2001.06 / Logs 2001.06報告

◎臨海人民広播電台(推定) 89.80MHz 6月2日

→間違いありません。IDは「您現在正在収聴的是臨海人民広播電台的《今宵有約》」と出ています。

◎寧波人民広播電台 98.90MHz Logs 6月2日, 1032
→(番組スポットは)これはスポットではなく、番組の開始アナウンスです。「…北京Youyin医薬×××中心和寧波人民広播電台経済台、新聞台聯合推出乙肝知識講座《Youyin在線》。治癒乙肝、重返健康。敬請収聴《Youyin在線》」と出て、この日の番組が始まります。アナウンスによると、この番組は毎日1035〜1100に放送されています。「乙肝」とはB型肝炎のことで、この日の番組では9歳の子供からの電話相談に答えています。寧海人民広播電台が寧波を中継しているものと思われます。

◎陝西人民広播電台経済頻率(推定) 89.60MHz 6月2日
→間違いありません。IDは「聴衆朋友、假日好!這里是財富広播、陝西経済台。歓迎您継続留住頻率収聴11点到12点播出的《全国旅游広播網》」「調頻89.6兆赫、中波603千赫。陝西人民広播電台経済頻率、財富広播」などと出ています。アナウンスによれば、「全国旅游広播網」は12のラジオ局が同時生放送しているとのことです。(「(財富)広播」は)上記の通り「財富広播」で間違いありません。経済頻率の愛称のように使われています。

◎江西人民広播電台 104.40MHz  Logs 6月2日, 1454
→1455のスポットは「……人民広播電台……地址:南昌市……」、番組スポットは「……請聴江西人民広播電台在14点、南昌電台音楽之声中午12点《興達電脳》節目……」と出ていますが、受信状態が悪いため、よく聞き取れません。

◎山東広播文芸頻道 99.1MHz 6月2日
→周波数アナは「…調頻:済南97.5兆赫、青島99.1兆赫、煙台99.1, 103.8兆赫、威海103.8兆赫、淄博101.3, 102.6兆赫、濰坊99.1, 101.3兆赫、泰安102.6兆赫、聊城102.6兆赫、莱蕪102.6兆赫、済寧102.6兆赫、菏沢102.6兆赫、臨沂92.8, 102.6兆赫、徳州97.5, 102.6兆赫、日照99.1, 101.3兆赫、東営99.1, 101.3兆赫、棗荘92.8, 102.6兆赫、浜州102.6兆赫。聴山東広播文芸頻道、精彩与歓楽伴您左右」と出ています。

◎新聞台 97.6MHz  Logs 6月2日, 1605
→IDは「中波(1170)、調頻97.6。収音機前(的聴衆)、下午好。歓迎您在……新聞台毎天下午推出的《信息服務網》」のように聞こえます。地名部分が聞き取れませんが、周波数から見て「棗荘人民広播電台新聞台」と推定されます

◎タンシャン人民広播電台交通文芸頻道 96.50MHz 6月2日
→吉林省白城市の「白城人民広播電台交通文芸頻道」と推定されます。IDは「…広播電台交通文芸頻道」としか聞き取れませんが、その後の広告で「白城人民広播電台交通文芸部」という言葉が出てきます。(スポットは)これは「白城鉄路電視台」の広告募集のお知らせで、「……有線電視広告。×××電視台有線又獲1万5千……」「白城鉄路電視台面対高新生活的……広告回報率高。白城鉄路有線(電視)技術設備先進……」のようなフレーズが聞き取れます。

◎東営人民広播電台(推定) 100.00MHz 6月2日
→安徽省銅陵市の「銅陵人民広播電台」です。スポット広告の中で「…最巧的投入、最大的回報。銅陵人民広播電台、銅陵文芸台」という言葉が聞かれます。100.1MHzの山東人民広播電台経済頻道が混信しています。

◎チャンイン人民広播電台 88.50MHz 6月2日
→昌邑人民広播電台ではなく、江蘇省江寧県の「江寧人民広播電台」です。厳密にはIDではありませんが、スポットの中で「…到6月28号止、来稿請寄:江寧人民広播電台…」と出ています。このスポットは中国共産党に捧げる「詩歌朗誦会」のお知らせで、その後の番組は「文苑漫歩」です。

◎紹興経済電台 94.1MHz 6月16日
→番組スポットではなく、6/2の寧波と同じ番組の開始アナウンスです。「…北京Youyin医薬×××中心和紹興人民広播電台、紹興経済台聯合推出乙肝知識講座《Youyin在線》。治癒乙肝、重返健康。敬請収聴《Youyin在線》」と出て、番組が始まっています。この日の番組では、小児肝炎の特徴や成人肝炎との違い、小児肝炎の治療技術などについて講義しています。

◎海塩人民広播電台 106.0MHz Logs 6月16日, 1324
→間違いありません。IDは「海塩人民広播電台……一首歌曲」と出ています。

◎不明中国FM 104.7MHz Logs 6月16日, 1329
→直接のIDは出ていませんが、内容から見て「鎮海人民広播電台」と推定されます。広告の中で「鎮海城関772号」「鎮海万河××建材市場」「鎮海人在寧波的家」「鎮海訊達通訊地址」などのフレーズが聞かれます。その後、「撑開××的翅膀、用電波××飛翔。104.7、我相約我們相去。… come together at 104.7」というアナウンスが出て、「我們帮你忙」が始まります。

◎不明中国FM 98.6MHz 6月16日
→(『午間×新聞』中の)このアナウンスは「現在我們××中国国際広播電台駐漢城記者張哲給你們××詳細情況」と言っています。CRIの記者による米朝協議のリポートを放送しているようです。番組名は「午間説新聞」で、周波数から見て「寧波人民広播電台」と思われます

◎寧波電台 98.6MHz 6月16日
→厳密に言えばIDではありませんが、アナウンスの中で「…下週五的下午2点到4点到寧波電台一楼的伝達室…」という言葉が聞かれます。ご指摘の下級局中継ではなく、本局の波です。

◎徐州……経済頻道 99.60MHz Logs 6月16日, 1631
→受信状態が良くありませんが、IDは「徐州(人民広播電台)経済頻道。中波801、調頻(99.6)。AM801、FM99.6…」のように聞こえます。その後の番組は「長篇評書」です。

◎河南人民広播電台 95.40MHz 6月16日
→間違いありません。1700の時報後、IDが「聴衆朋友、歓迎収聴河南人民広播電台的《衛生与健康》節目」と出ています。この日の番組では「河南中医学院営業門診部」を紹介しています。

◎不明中国FM(日照イーグー台?) 88.10MHz 6月16日
→ご指摘の個所は「…毎週六的《日城娯楽台》…」「日城娯楽台……第二個欄目《日城娯楽台》」のように聞こえます。番組名あるいはコーナー名と言ったところでしょう。

◎長春経済広播電台 90.0MHz 6月16日
→間違いありません。1900の時報後、IDが「調頻90兆赫、中波1332千赫。中波1332千赫、調頻90兆赫。長春経済広播電台(2回)。Changchun Economic Broadcasting Station(2回)」と出ています。

◎上海電台 102.5MHz 6月19日
→「今天的《990現代城郷》節目就到這里」というアナウンスが出ていることから、系統は中波990kHzの新聞頻率と見られます。IDの後の番組は「空中体壇」です。

◎カントン電台 96.20MHz 6月19日
→「広州電台」で間違いありません。広東語放送で、IDは「広州電台。新聞(節目)」と出ています。続くニュースの中でも「広州市」「交通」「広東省」などの単語が聞かれます。

◎臨沂電台生活頻道・臨沂人民広播電台生活台 6月24日
→間違いありません。正式名称は恐らく「臨沂人民広播電台生活頻道」でしょう。番組スポットでは「…請聴臨沂人民広播電台生活台与北京中医薬大学聯合挙辦的《Nanxin時間》節目。明晩22点到22点25分播出…」、IDとされる部分では、楽曲「歌唱祖国」に続いて「…臨沂電台生活頻道、依党在新世紀的曙光里共同前進」と言っています。その後の番組は「健康30分」です。

◎中国国際広播電台 88.7MHz 6月24日
→予告によると、夜の放送は1900〜2100が朝鮮語番組、2100〜2300が日本語番組、2300〜2400がロシア語番組、0000〜0100が広東語番組となっています。1900の時報後、IDが中国語と朝鮮語で「這里是中国国際広播電台。チュングックッチェバンソングギムニダ(中国国際放送局です)」と出ています。

◎不明中国FM 97.70MHz 6月24日
→IDは「…這里是来自FM97.7、都市……室」と聞き取れます。後半は番組名のようですが、よく分かりません。周波数から見て、遼寧省の「錦州人民広播電台経済台」と思われます

◎遼寧人民広播電台生活広播 99.8MHz 6月24日
→DJ中の連絡先アナは「…瀋陽市和平区光栄街10号、遼寧人民広播電台998生活広播…」、その後の告知では「…也就是遼寧電台大門口北走10米、998生活広播的広告接待処…」と言っています。後者は「今夜有約」という番組に参加(?)を希望するリスナーの受付方法で、毎日9時から16時の間に、身分証や工作証などの現物かコピーを持参して、上記の場所で手続きをとるように呼びかけています。

◎臨淄人民広播電台(推定) 97.3MHz Logs 6月30日, 0943
→間違いありません。IDは「…調頻97.3兆赫、臨淄人民広播電台……的特別熱点節目」などと出ています。その後の番組では「臨淄四中高二七班的全体同学」(臨淄第4中学校の高校2年7組のクラスメート全員)などのリクエスト曲が放送されています。

◎山東広播文芸頻道 101.3MHz 6月30日
→周波数アナは6/2分の聞き取りを参照のこと。その前のIDは「…精彩的電波、請您記住山東広播文芸頻道……頻率」と出ています。ID前の番組は「陽光假日」、1000の時報後の番組は「広播門診」です。

◎瀋陽電台交通頻率 98.6MHz 6月30日
→1033のIDは「瀋陽電台交通頻率。有奨徴集、新聞線索。(95960)聴交通頻率、新聞線索…」、1034のIDは「…(瀋陽)人民広播電台交通頻率……空中問候。FM98.6、××排行榜」と出ています。最初のIDにある「95960」が何を意味しているのかは不明です。

◎China Radio International 88.7MHz 6月30日
→英語によるIDが「… on China Radio International, Beijing, 91.5 …」と出ています。91.5MHzの第一系統の番組を流しているものと思われます。

◎青島人民広播電台交通頻道(推定) 89.7MHz 6月30日
→広告の中で「…青島人民広播電台交通(頻道)…22点20分…」というアナウンスが流れ、その後に「青島市××医事研究中心」の広告も聞かれることから、「青島人民広播電台交通頻道」で間違いないと思われます。

TV-FM DX Report 2001.07 / Logs 2001.07報告

◎北京音楽広播 97.4MHz 7月1日

→番組スポットとされている部分は「この日から24時間放送を再開する」旨の告知で、「…従7月1号0点起、北京音楽広播、調頻97.4兆赫、有線調頻94.6兆赫、恢復全天24小時播出…」などとアナウンスしています。その後、子供のコーラスによる歌曲「没有共産党就没有新中国」が流れて、「慶祝中国共産党成立80周年少児専題節目」が始まります。7月1日は中国共産党の創立記念日(七一節)で毎年祝日になっていますが、今年はちょうど創設80周年に当たり、様々な特別番組が放送されたようです。

◎北京人民広播電台文芸広播 87.6MHz 7月1日
→録音の最初に番組スポットが「為慶祝建党80周年、由全国7家電台聯合制作的大型系列音楽専題節目《紅色交響》将従6月26号到7月3号、毎天播出一集。播出時間是毎天上午的8点30分首播、下午13点重播」と出ています。
1727のID「北京人民広播電台文芸広播。北京人民広播電台文芸広播。調頻87.6兆赫、有線調頻93.8兆赫」の後は「876整点資詢」(なぜか0分ではなく30分から)で、この時間は「報紙文化版導読」と題して、「光明日報」「北京日報」「人民日報」の中国共産党80周年を特集した文化面の内容を伝えています。
1730の連絡先は「報紙文化版導読」のもので、「以上内容同時刊登在我台的網站上。您可以随時登録我們的網站3w点fm876点com対我台節目提出宝貴意見。也歓迎您継続収聴《中糧娯楽広場》週日現場節目。北京文芸台広告業務聯系電話:65158177」と言っています。
1733の公開番組は上記の「中糧娯楽広場」で、オープニング時のIDは「您現在収聴収看到的是北京文芸広播正在為您直播的《中糧広場》的週日現場版…」と出ています。アナウンスによると、この番組は「北京中糧広場」の提供で、毎週日曜の1730〜1830に放送しているとのことです。

◎嘉興人民広播電台信息交通頻率(推定) 96.9MHz Logs 7月15日, 0929
→ご指摘の通り5/26受信の局と同一局で、やはり「江西人民広播電台信息交通頻率」です。IDは「収聴信息交通広播、享受……。江西人民広播電台信息交通頻率」と出ています。その後の広告では「歓迎収聴我台和青海省青河××薬業有限公司、毎天20点至20点30分……熱線」というアナウンスも聞かれます。


■Eスポによる受信・中華民国

TV-FM DX Report 2001.05 / Logs 2001.05報告

◎タイホ広播電台 88.45MHz 5月26日

→非合法局と思われます。閩南語放送で、IDは「…FM88.4、タイホ広播電台…」などと出ていますが、「タイホ」に当たる漢字は不明です。

◎宜蘭北宜産業電台 89.90MHz Logs 5月26日, 1458
→間違いありません。ローカルIDが「您現在収聴的是宜蘭北宜産業電台、FM89.9」と出ています。1500の時報後、「力求人意、請聴飛碟新聞」とアナウンスが出て、「飛碟新聞」となります。

◎不明台湾FM 99.3MHz Logs 5月27日, 0955
→同波の「新声広播電台」です。閩南語のSJが「♪新声九九点三…」と出ています。国語スポットは「英文老歌精華」という番組のリクエスト募集で、「572-0399」という電話番号を告知しています。

TV-FM DX Report 2001.06 / Logs 2001.06報告

◎Kiss Radio 89.70MHz 6月2日

→ローカルIDは「KISS、××頻率、淡水河広播、897」、ネットアナは「Fu到哪里、KISS、就到哪里。高雄屏東KISS999、台南嘉義KISS971、中部地区KISS997、新竹苗栗KISS983、大台北地区897。跟您KISS、KISS Radio」と出ています。

◎新声調頻広播電台 99.3MHz 6月3日
→間違いありません。IDは閩南語で「…新声調頻広播電台…」と出ています。

◎不明台湾FM 98.3MHz Logs 6月3日, 1134
→アナウンスは、私にも「……98.3兆赫的……」としか聞き取れません。入感方向から見て、花蓮市の「歓楽広播電台」の可能性があります。

◎ランチャー ラビン広播電台 87.70MHz  6月9日
→閩南語放送で、IDは「…ランチァシ、コーフン、ランチァ調頻広播電台…」と出ています。アナウンスされる電話番号(439-0661、439-7575)から、桃園県の非合法局と推定されます。

◎冬山河広播電台(推定) 105.5MHz Logs 6月16日, 1348
→間違いありません。閩南語放送で、IDは「好消息、好消息。冬山河広播電台…」「…ツァイチァ冬山河電台…」などと、SJは「♪冬山河電台、你的××、你的××、空中的×、FM105.5」と出ています。

◎不明台湾FM 107.3MHz Logs 6月16日, 1355
→閩南語放送で、IDらしきものは「…シンゴー電台…」と聞こえますが、どういう意味かは分かりません。いずれにせよ既存局と思われます。

◎中国広播公司(宝島)広播網 105.90MHz 6月16日
→間違いありません。「♪歓迎収聴、宝島×××」というSJに続いて、IDが「中国広播公司宝島広播網」と出ています。その後の番組では、バハマ諸島のことを「Balama群島」と言い間違えています。

◎中広(宝島)広播網 105.9MHz 6月16日
→間違いありません。SJ「♪宝島、宝島…中広宝島網…」、ニュースのテーマ音楽に続いて、IDが「這是中広宝島広播網。歓迎収聴新聞」と出ています。

◎不明台湾FM 99.3MHz 6月19日
→閩南語なので自信はありませんが、「……広播電台、FM90.5。新竹地区……郷音広播電台、FM89.5。神農(リーシァン)電台、FM99.5……」のように聞こえます。ネットアナではなく、この番組を放送している局の紹介だと思います。受信局はたぶん「新声調頻広播電台」でしょう。

◎中広音楽網 96.3MHz Logs 6月19日, 1702
→周波数アナは「中広的您収聴頻率:基隆台北桃園657、新竹882、苗栗1413、台中彰化720、嘉義1350、高雄屏東864、台南澎湖1296千赫」と、ものすごい早口で新聞網の周波数を告知しています。その後にSJが「♪…FM96…中広音楽網」と出ています。

◎不明台湾FM(推定) 94.5MHz 6月30日
→「警察広播電台台中台」です。0904のIDは「8点05分。……警広台中台。収聴頻率FM94.5兆赫」と出ています。IDの後の番組は「路況」(交通情報)のようです。


■F2による受信・中華人民共和国

TV-FM DX Report 2001.03報告

◎ヤンチャン人民広播電台 48.60MHz 3月17日

→広東省陽江市の「陽江人民広播電台」で間違いありません。(1901の)IDは広東語で「陽江人民広播電台。FM97.2兆赫。……新聞」、普通話で「陽江人民広播電台。現在(報)告晩間新聞」と出ています。この「晩間新聞」は普通話放送で、「為実現十五計劃的良好開端而努力奮闘:熱烈祝賀市三届人大三次会議和市政協三届三次会議勝利閉幕」と題した「評論員文章」や、「陽江市第三届人民代表大会第三次会議関於陽江市人民政府工作報告的決議」「陽江市第三届人民代表大会第三次会議関於陽江市人民代表大会常務委員会工作報告的決議」などを放送しています。
受信波はご指摘の通り、公称97.2MHzの1/2倍波と思われます。ただし、この1/2倍波(冗談で低調波とも言います)は中波では割と知られていますが、FMではあまり例を見ません。もしかしたら、他にも40〜50MHz帯で1/2倍波が受信できるかもしれませんので、来シーズンは気をつけてみてください。



(S)=ステレオ受信 (M)=モノラル送信 (C)=カラー受像
TV受信周波数:映像周波数/音声周波数の順


All received and reported by "Konsu"
in Tokyo, JAPAN
with
RX : ICOM IC-R7000, YAESU FRG-9600, SONY ST-SA50ES ( For Japan ), SONY ICF-SW55
TV set : JVC CX-60ME(K) ( For overseas )
TV converter : HS PUBLICATIONS D-100<DE-LUXE>
ANT : CREATE CLP5130-1
Booster : Victor AT-A20 ( For ST-SA50ES )
Option - Text display unit : SONY CTD-S100 ( For recovery of FM multiplex telecasting of ST-SA50ES )

情報を転載・引用する際には「WEST TOKYO TV-FM DX」の"こんす"の情報である旨を明記して下さい。


<TV-FM DX Report 2001.10


<TV-FM DX Report, Logs Menu


<TOP