TV-FM DX Report 2001.04-2 2001.05.25 UP


[受信情報]

◆Eスポによる受信

■中華人民共和国


●昨年のEスポシーズンに受信した中国局の録音をアジア放送研究会の山中明さんに聞いて頂いたところ、下記のようにお返事を頂いた(山中さんには厚くお礼申し上げます)。

▽"TV-FM DX Report 2000.05"報告

◎長興人民広播電台(推定) 97.30MHz 5月20日
→間違いありません。IDは「這里是長興人民広播電台的《法制××》」「如果您是剛剛打開収音機的話、這里是長興人民広播電台的《法制××》」と出ています。番組名の一部は不明です。

◎ツーチン経済広播電台 98.6MHz 5月20日
→ご指摘の通り「福建経済広播電台」です。IDは「您現在正在収聴的是福建経済広播電台的《……広場》」と出ています。

◎嘉興人民広播電台城郊広播 88.20MHz 5月20日
→ご指摘の通り「城郊台」からの系統名変更です。あて先アナは「農民信箱、毎週日、週五12点播出。地址:嘉興市東昇路6号、嘉興人民広播電台城郊広播《農民信箱》節目組」と言っています。

◎ウーシン人民広播電台新聞台 86.50MHz 5月21日
→江蘇省無錫市の「無錫人民広播電台新聞台」です。IDは「聴衆朋友、大家上午好。這里イーラン是中波1161千赫、調頻105兆赫、無錫人民広播電台新聞台。歓迎您継続収聴我們的節目」と出ています。トーク中に2回「イーラン市」と聞こえる部分がありますが、これは地名ではなく、上記のように「イーラン是」と言っているものと思われます。「イーラン」の意味は不明です。FMの105.0MHzは新周波数。ID後の番組は「健康之声」で、「聯歓薬球」という薬の効能などを紹介しています。

◎福建人民広播電台 89.4MHz 5月21日, 1156-1201
→周波数アナは「福建人民広播電台、在原有中波882、558、612的基礎上、新増調頻播出。各地調頻頻率、分別是:福州103.6、厦門103.7、泉州103.9、漳州103.7、龍岩96.5、三明91、南平105.1、寧徳96.7、莆田89.5。不同的頻率、同様的声音。福建人民広播電台、××不惜、伴您同行」と出ています。簡単に言えば「従来の中波に加えて、FMでも放送を始めた」という意味で、ご指摘通り「音楽交通頻道」の周波数が転用されています。
 時報後の告知は「利徳治療椅為您準確報時。敬請収聴中央人民広播電台一套9点05分、二套15点、福建経済台15点30分開始的《利徳治療椅専家講座》」と出ています。時報の提供会社が制作した番組の放送時間を案内しているものです。

▽"TV-FM DX Report 2000.06"報告

◎日照人民広播電台(推定) 88.10MHz 6月18日
→間違いありません。IDは「聴衆朋友、現在収聴到的是日照人民広播電台毎天上午的直播板塊節目、小欄目、毎天都見面的一項欄目《供求熱線》」と出ています。第二套節目です。

◎トンシン人民広播電台 85.90MHz 6月18日
→開始アナは「Dongxin人民広播電台、調頻85.9兆赫。各位聴衆、中午好。本台今天第二次播音現在開始」と出ています。その後、男女が交互に「Dongxin人民広播電台、調頻85.9兆赫。Dongxin新聞網」と告知してニュースとなります。
 (「開始アナの前に番組があるのはおかしい気もしますが、『……節目』が有線放送のものだとしたら納得出来ないこともないですが……。こういうパターンは時々見かけますし……」という私のコメントについて)、開始アナの前は『三夏伝真』『三夏進度報告節目』などの農業番組を放送していますが、ご指摘の「有線放送」ではなく、小規模な「専業台」のような気がします。
 肝心の地名については、県級以上には該当するものがなく、バンド外れを公称周波数にしている点からも、鎮レベルの局ではないかと推測します。オープンエリアで該当するものとしては、連雲港市灌雲県に「東辛農場」なる地名があります。

◎……人民広播電台 86.30MHz 6月18日
→ID部分は「……人民広播電台。現在播送……」と出ていますが、肝心の地名部分がフェーディングの底のため、全く聞き取れません。前後の番組もニュースではなく、パッケージ番組のようです。


■中華民国

●昨年のEスポシーズンに受信した台湾局の録音をアジア放送研究会の山中明さんに聞いて頂いたところ、下記のようにお返事を頂いた(山中さんには厚くお礼申し上げます)。Logs=Logsのみに報告した局。

▽"TV-FM DX Report 2000.06" / "Logs 2000.06"報告

◎淡水河広播電台(推定) Logs 89.7MHz 6月17日, 0836

→局名は間違いありません。「ティービー」は「TB」で、同台の英文名称「Tanshuihe Broadcasting Station」の略と思われます。

◎宜蘭郷親広播電台(推定) Logs 92.30MHz 6月17日, 0853
→間違いありません。IDは閩南語で「歓迎収聴FM92.3、宜蘭郷親広播電台」などと出ています。

◎亜州調頻広播網・Asia FM 92.7MHz 6月17日
→ネットIDは「亜洲調頻広播網。台北桃園:FM92.7、亜洲電台。新竹苗栗:FM92.3、新苗電台」と出ています。

◎歓楽広播電台(推定) 98.3MHz 6月17日
→ご指摘の通り「歓楽広播電台」のローカルIDです。IDは「快楽的声音就是……収聴的是東部最……歓楽広播電台、FM98.3、(歓楽)広播電台、FM98.3……」のように出ていますが、フェーディングが多いため、ハッキリ聞き取れません。

◎不明台湾FM 98.70MHz Logs 6月17日, 0950
→一昨年のシーズンから頻繁に受信されている「千鶴之声(または千友之声)」です。言語はご質問の通り閩南語で、IDは「……チンジュチシァ、987FM……」と頻繁に出ています。日本の演歌ばかり流していることから、局名も日本にちなんだものと思われ、その意味では「千鶴之声」が正解ではないか、と個人的には思っています。

◎海洋之声広播電台(推定) 88.9MHz Logs 6月24日, 0759
→間違いありません。言語はご質問の通り閩南語で、IDは「調頻88.9、海洋之声広播電台」などと出ています。海洋は「ハイヨン」と発音します。



(S)=ステレオ受信 (M)=モノラル送信 (C)=カラー受像
TV受信周波数:映像周波数/音声周波数の順


All received and reported by "Konsu"
in Tokyo, JAPAN
with
RX : ICOM IC-R7000, YAESU FRG-9600, SONY ST-SA50ES ( For Japan ), SONY ICF-SW55
TV set : JVC CX-60ME(K) ( For overseas )
ANT : CREATE CLP5130-1
Booster : Victor AT-A20 ( For ST-SA50ES )
Option - Text display unit : SONY CTD-S100 ( For recovery of FM multiplex telecasting of ST-SA50ES )

情報を転載・引用する際には「WEST TOKYO TV-FM DX」の"こんす"の情報である旨を明記して下さい。


<TV-FM DX Report 2001.04


<TV-FM DX Report, Logs Menu


<TOP