地上デジタル放送 試験電波〜本放送モニター(2006年4月)

2006.06.18 UP

このページは地上デジタル放送の受信モニターを随時アップしたものです。
各局の送信出力や放送エリアなどの詳細はこちらをご覧下さい。


2003年8月初めに2003年10月2003年11月2003年12月2004年4月2004年7月2004年8月2004年9月2004年10月2004年11月2004年12月2005年8月2005年9月2005年10月2005年11月2005年12月2006年1月〜3月|2006年4月|2006年5月2006年6月2006年7月2006年8月2006年9月2006年10月2006年11月2006年12月

2006年4月1日 土曜

★チバテレビ ちばテレビデジタルテレビジョン(推定)の続報 〜 本放送を開始したが、当地での復調(視聴)は不可能

受信局名: チバテレビ ちばテレビデジタルテレビジョン JOCL-DTVと思われる局
受信チャン ネル:物理チャンネル30ch(J30ch)
受信日時: 4月1日 1703
受信内容: 受信レベルが低いため、放送内容は不明。
受信機器: 受信機器(2)。アンテナ方向:千葉方向
TU-MHD500アンテナレベル:16

 4月1日の1200から地上デジタル放送の本放送を開始したとのことですが、当地でのアンテナレベルはあまり変化はなく、4月1日 1703のチェックでは"16"と低いままで、結局、復調(視聴)は全く出来ていません。

 以前も書いたようにチバテレビ用の受信設備を設置すれば復調が可能になるかもしれませんが、そこまでする気はありませんので(笑)、トロッポ(ラジオダクト)の発生に期待するしかないようです。

 なお、同局の通称・愛称の表記が4月1日から「ちばテレビ」から「チバテレビ」に変更になりました。

(2006.04.15 UP)

2006年4月

★群馬テレビ ぐんまテレビデジタルテレビジョンの試験電波続報

受信局名: 群馬テレビ ぐんまテレビデジタルテレビジョン
受信チャン ネル:物理チャンネル19ch(J19ch)
リモコンID :チューナーにプリセット出来ず。
受信日時: 4月1日 1700
4月10日 0216
4月30日 1641, 2014
受信内容: 4月1日、4月10日…試験電波。風景映像&音楽、カラーバー&変調音の繰り返し。
4月30日…復調出来ず。PN信号?
受信機器: 受信機器(2)。アンテナ方向:前橋方向
TU-MHD500アンテナレベル:35〜41

 引き続き、群馬県内の風景映像&BGM音楽とカラーバー&変調音の試験電波が出ています。たまにチェックした程度ですが、毎日24時間出ているものと思われます。

 4月1日 1710頃のチェックではやはりチャンネルプリセットは出来ません。

 4月30日 1641のチェックではアンテナレベルが"35"、2014のチェックではアンテナレベルが"41"ありましたが、復調が出来ず、PN信号だったのかもしれません。

(2006.06.18 UP)

★放送大学の前橋中継局(推定)の試験電波続報

受信局名: 放送大学の前橋中継局と思われる局(放送大学の前橋中継局は現在、実験局)
受信チャン ネル:物理チャンネル28ch(J28ch)
受信日時: 4月1日 1701
4月10日 0216
4月30日 1641, 2014
受信内容: PN信号(映像、音声が電波に乗っていない特殊な試験電波)のため、映像、音声は見聞き出来ず。
受信機器: 受信機器(2)。アンテナ方向:前橋方向
TU-MHD50 0アンテナレベル:35〜40

 引き続き、復調可能なアンテナレベルがありますが、PN信号のようで復調出来ていません。たまにチェックした程度ですが、毎日24時間出ているものと思われます。

(2006.06.18 UP)


2003年8月初めに2003年10月2003年11月2003年12月2004年4月2004年7月2004年8月2004年9月2004年10月2004年11月2004年12月2005年8月2005年9月2005年10月2005年11月2005年12月2006年1月〜3月|2006年4月|2006年5月2006年6月2006年7月2006年8月2006年9月2006年10月2006年11月2006年12月

▽受信地
東京西部

▽受信機器(1)(特記ない限り、この受信機器を使用)
地上デジタルチューナー Panasonic TU-MHD500---室外3分配器 東芝 HDW-3N---アンテナ直下型35dbUHFブースター兼VU混合器 東芝 HB-35US2---神奈川tvk向け22エレUHFアンテナ 東芝 TA-25UWD8+東京タワー向け8エレVHFアンテナ
UHFアンテナ方向:横浜方向固定
同軸ケーブル…S-5C-FB(チューナー〜室外3分配器:日本アンテナ S5CFB、室外3分配器〜アンテナ:四国電線 S-5C-FB)
東京各局や神奈川のtvkの受信には、普段のTV視聴用に使用しているこの受信機器を使用しています。このモニターページも特記ない限り、この受信機器を使用しました。
アンテナ、ブースター、同軸ケーブルなどは特に地上デジタル放送受信を意識したものではなく、今まで東京タワーからのVHF局と神奈川のtvk(UHF)のアナログ放送受信に使用していたものをそのまま使用しています。

▽受信機器(2)
地上デジタルチューナー Panasonic TU-MHD500---中継接栓---室内用33dBブースター 日本アンテナ VTR-331-SP---アンテナ切替器---広帯域ログペリアンテナ CLEATE CLP5130-1
アンテナ方向:受信局によって任意の方向に回転
同軸ケーブル…チューナー〜中継接栓:S4CFB、中継接栓〜アンテナ切替器:FUJIKURA 5C-2V、アンテナ切替器〜アンテナ:KYOWA 5D-FB

東京各局や神奈川のtvkと送信地の方向が異なる放送局の受信には、受信機器(1)の22エレUHFアンテナよりUHF帯のアンテナ利得は落ちますが、アンテナが回転出来る広帯域ログペリアンテナ CLEATE CLP5130-1を使用しました。受信時にはアンテナを各々のアンテナレベルの最も高くなる方向に向けて受信しました。

▽受信画像について
録画、キャプチャー環境は下記の通りです。
TU-MHD500---S映像ケーブル---Panasonic HDD内蔵DVDレコーダー DMR-E95HのHDDにXPモードで録画

DMR-E95HのHDDからDVD-RAMにムーブ

DMR-E95HのDVD-RAM(XPモード)を再生---S映像ケーブル---PCキャプチャーボード Canopus MTV2000
※TU-MHD500の「受信設定」の画面は、DMR-E95Hがコピーガード信号を検出しましたとの表示を出して、録画出来ないため、下記の経路で画像をリアルタイムで直接キャプチャーしました。

 TU-MHD500---S映像ケーブル---Panasonic HDD内蔵DVDレコーダー DMR-E95H---S映像ケーブル---PCキャプチャーボード Canopus MTV2000

▽略語
c/on=Carrier on、電波送信開始 c/off=Carrier off、停波

当ホームページでは当コンテンツなど一部コンテンツで東京で受信した国内の地上デジタルTV放送の受信画像を掲載していますが、これらは地上デジタルTV放送受信の参考資料として掲載しているものであり、商用目的ではありません。何か問題がありましたら、TOPページにありますメールアドレス宛てにメールにてご連絡下さい。直ちに削除致します。


All received and reported by "Konsu"
in Tokyo, JAPAN


関連ページ

2003年8月の地上デジタル放送とアナログ放送の試験電波モニター

関東の地上デジタル放送の局名、コールサイン、出力など

地上デジタルチューナー Panasonic TU-MHD500 紹介

地上デジタル放送のQSL

2003年8月の地上デジタル放送の試験電波のQSL・返信

2003年8月の地上デジタル放送の試験電波に伴う、アナログ放送の試験電波のQSL


<Special Reports Menu


<TOP